「イジメのことを今どう思っているのか、婚約内定の後で伝えたんです」小室圭さん“イジメ被害”の同級生が初告白した「消えない記憶」 から続く

ありがとうと言う前に謝る事があるだろう》も既読スルー

 秋篠宮家の長女・眞子さま(29)との結婚問題の行方が注目される小室圭さん(29)。小室さんは4月8日に公表した文書で母・佳代さんと元婚約者・X氏の、圭さんの学費をめぐる金銭トラブルについて説明したが、この文書には小室さんと母親が当時置かれていた家庭環境についても詳細に記されていた。はたして小室さんはどのような少年時代を過ごしてきたのか――。

 実は、小室さんは小学生時代に同級生Aさんに対して陰険なイジメを行っていたことがわかった。Aさんはそのときのイジメトラウマとなって今でも頭を離れないという。

 2019年5月、「週刊文春デジタル」取材班はAさんインタビューを行った。(#1#2から続く)

 Aさんマスコミの取材に応じるのは初めてだった。Aさんは小室さんから受けたイジメの実情、知られざる小室さんの人柄から、同窓会で再会した際の逸話、婚約発表直後にやり取りした際のメッセージの内容まで、ありのままを告白してくれた。小室さんへの恨みや辛み、未だに拭えない苦々しい記憶を、Aさんは心に溜まった澱を一気に吐き出すように、話してくれた。

 2017年の婚約内定時、Aさんのもとにもマスコミから取材依頼が殺到したという。その後、Aさんは小室さんに連絡をとったが、イジメについて謝ることは一切なかった。そのため、Aさんはこう小室さんにメッセージを送った。

ありがとうと言う前に謝る事があるだろう。あれだけのことをしておいて、忘れたとは言わせないぞ》

 Aさんメッセージは「既読スルー」されたという。

 皇室の将来を考える上でも、小室さんがどんな人物かを知ることは非常に重要だ。Aさんイジメを受けたのは小学生時代。20年以上前の過去のことではあるが、そのイジメの内容に小室さんの人間性の一面を見ることができると編集部は考え、Aさんの証言をベース裏取り取材を行った。当時、小室さん自身にも事実確認を申し込んだが、小室さんの代理人弁護士からは期日内に回答は得られなかった。

 当時のインタビューを公開する。(日付、年齢、肩書き等は掲載時のまま)

◆ ◆ ◆

40人中男子が6人。裕福な家庭の子が多い私立小

――Aさんは圭さんと国立音楽大学附属小学校同級生だったんですよね。

「そうですね、はい。『音小』といわれていました」

――「音小」はどんな小学校なんですか?

「国立音大の附属の学校なので、クラシック音楽を将来的にやりたいっていう音楽の専門の学校で、もちろん小学校義務教育なので普通の授業もあるんですけど、プラスアルファで音楽系の授業がすごく多い。普通の学校にはないカリキュラムが授業の中にはあったりとか。クラシックだからという理由なんでしょうけど、男女比がすごく特徴的でした」

――何対何くらい?

「1クラス大体約40人なんですけど、40人中男子が6人。残りは全部女の子っていう感じなので、男子連中の肩身はパワーバランス的にいうとちょっと狭いというか。学校の女子が多いことが理由の一つだと思うんですけど、みんなすごくいい子なんですよね。みんなお父さんお母さんの言いつけを絶対守るみたいな。本当に道を外さない感じといいますか、外れてない感じといいますか」

――私立ですよね?

「はい、そうです」

――ある程度、裕福な家庭が多かった?

「そうだと思います。当時、僕も小学生だったのであんまり気にしてはいなかったんですけど、今思い返せば親御さんの収入とか生活レベルはわりと高い人が多かったんじゃないかなと思います」

圭くんは「ワンピース」好きでひょうきんなタイプだった

――圭さんはクラスではどういうタイプだった?

「ちょっとひょうきんなタイプで、教科書を読み上げるとか、ただ単純にそれだけのことをさせても彼がやると面白い、みたいな。そういうユーモアがあったイメージですね。面白い子というか」

――当時、圭さんが好きだった漫画や本は?

「(漫画の)『ワンピース』はその当時も流行っていて、僕も圭くんも一緒に読んでいました。当時、圭くんと仲良くさせてもらっていたんですけど、その時に『漫画を描こう』という話になって。代わりばんこで交換日記じゃないですけど、彼が描いて、その続きを僕が描いて、それをまた戻してみたいな。一番最初のターンが彼だったんですけど、彼が描いたものを受け取って見たらスタートが『ワンピース』と全く一緒だったという(笑)

――(主人公の)ルフィが登場するとか?

ルフィではないんですけど、ストーリーが全く一緒なんですよ。腕だか足だか忘れましたけどなんか食われて。『これワンピースまんまだ』って思って。パクっちゃったみたいな(笑)

――当時、圭さんとは親友だった?

「そうですね。僕の方が一方的にそう思っていただけかもしれないですけど。通学路も一緒だったので、ほぼ毎日一緒に学校行っていた時期があって、帰り道も一緒だし。家族ぐるみでうちの母親と圭くんの母親(佳代さん)同士も仲良くさせていただいていた。(圭くんの)お父さんともうちの母親は顔合わせたことは結構あったんですけど」

小室さんの父は会社に向かう途中、心臓発作で亡くなった

――圭さんのお父さんはどんな感じの方でしたか?

お父さんいつもニコニコしていました。怖そうだなとか厳しそうだなみたいなイメージが湧くタイプでは全くないです。優しそうだなっていうイメージお父さん

――外見は圭さんに似ている?

「似てます。似てます。体格がすごいラガーマンみたいな感じの体格で、身長もそんなに大きくなかったと思うんですよね」

――圭さんはお父さんに懐いていた?

「そうですね、“お父さん大好き”なイメージがあります」

――圭さんは「パパ」と呼んでいたんですか? 「お父様」?

「『お父様』ですね。『お父様』『お母様』です。僕の家は全然そういう感じじゃなかったので、結構びっくりというか。『あ、こうやって呼んでいるんだ』って思ったのは覚えています」

――圭さんの家に遊びに行くこともよくあった?

「ありました。国立の家に1回遊びに行きました。(圭くんは)鎌倉の方にも家があって、鎌倉のお家には遊びに行ってないですけど、鎌倉に圭くんが住んでいるっていうので、鎌倉で一緒に遊んだりしたことはありますね」(※鎌倉は佳代さんの親族の家と思われる)

――圭さんの今のパーソナルを作っていく上で外せないのがやはりお父さんの存在ですよね。

「小学4年生とかそのあたりだと思うんですけど、保護者面談か授業参観か何かがあった日だったんですよ。その日も(圭くんの)お父さんがいらしていて、うちの母親も圭くんのお父さんに会って『ご無沙汰してます』みたいな挨拶をして。そうしたらお父さんが『午後から仕事が入ってるんで』と言って早めに抜けられたんですよね。『また学校でお会いしましょう』って別れた後に心臓発作で倒れられたって聞いて。僕らが圭くんのお母さんから聞いた話では、学校を出た後、仕事に向かっている電車の車内で心臓発作を起こして倒れられて、そのまま亡くなられたって聞いたんですね。お葬式の時にも僕ら家族で参列させていただきました」

――圭さんはショックを受けている様子でしたか?

「そうですね。それまで僕の方から仲良くというか遊んでたりしたんですけど、それを機に僕らの関係は崩れていったんですよね。何があったかというと、お父さんが亡くなられた後、しばらく圭くんは学校に来られなかったんですよね。もちろん精神的なものもあると思うので。それで久々に学校に復帰するっていうタイミングで、圭くんのお母さんからお電話を頂いて。『いついつから学校に行くので、また仲良くしてあげてください。通学路も一緒なので、できれば学校も一緒に行ってあげてほしい』ってお願いをされたんです。僕も子供なりに気を遣うというか、一緒にいてあげなきゃというか。どれくらい大変だったのか正直まだわからない年齢ではあったんですけど、わからないなりにも一緒にいてあげようっていう気持ちがすごくあったのを覚えています」

の体めがけてシュート。まさか一番仲良いやつに……

「たぶんそれが途中で煙たくなってきたと思うんですよね、彼の中で。『1人にしてくれ』っていうのが本当は彼の中できっとあったと思うんですけど。それが理由かどうかはわからないですけど、そのあとからだんだん圭くんの僕に対する態度が少しずつおかしくなっていって。

 彼がクラスで仲良くしていた●●という男の子がいたんですけど、お父さんが亡くなった後からその●●とつるむようになり始めて。●●はクラスの中ではいたずらっ子というかガキ大将といいますか、そんなキャラ位置の子だったんですね。圭くんが●●と一緒になって僕をハブくというか、イジメみたいなことがそこから始まっていったんですよね。とりあえず最初は気付かないフリをしていたんですよ。まさか自分が一番仲良いやつにイジメられると思っていなかったので。子供としても認めたくないというか。『気のせいだ、気のせいだ』と思っていたんですけど、回数が重なってくれば否定もできなくなってくるので」

――どんなイジメを受けた?

「圭くんとは通学路が一緒だったんですけど、学校に行く前の日に彼から電話があって、『明日の●時●分発の●号車に乗るから、そこで待ち合わせね』と連絡をもらって。それで僕が『わかった』と電話を切って、次の日学校に行くじゃないですか。圭くんが乗っているはずの待ち合わせの電車に乗って、指定された号車に行っても彼がいないんです。『あれ、乗り遅れたのかな』と思ったけど、僕も学校行かなきゃいけないので。実は、彼は隣の号車とかちょっと離れたところに乗っていて、僕が1人で電車に乗って彼を探している様子をずっと見ていたり、学校近くの駅に降りると、彼はどこかにバレないように隠れていたり。最初はそんなんですよね」

――それは1回?

「いや、何回もありますよ。彼と待ち合わせをしても、彼がいないっていうのは、途中から当たり前になっていたので。そこからだんだん●●を巻き込んでのイジメに発展していきました。そこからは本当にわかりやすい、今でもよくあるイジメというか。例えばみんなでサッカーをやっているときに、わざと僕にゴールキーパーやらせて、至近距離から何人か並んで僕の体めがけてシュートを打ってくるとか。圭くんは変なあだ名を作ったりとか、目の前でコソコソ話していたりとか、なんか絶妙なところをついてくるんですよね、すごく。でも、2人きりになると『そんな別に俺、お前のこと嫌いじゃないよ』みたいな顔して接してくるので」

教室の窓から学年全員が罵声を浴びせてくる

「先程話した通り、男子が1クラス6人なので、僕がイジメターゲットになると、いきなり1対5になるんですよね。圭くんと●●が僕をイジメ始めると、誰も僕の味方にはまわらない。最終的に僕は常に1人の状態。そのうち隣のクラスの男子も『あいつがやってるなら俺らも』と混ざってきて。それでだんだん(イジメをする子の)母数が増えていったんですよね。だから僕は最終的に休み時間とかはできるだけ人に会わない場所に逃げていました。

 僕がよくいたのが図書室だったんですけど、学校の中なのですぐバレるわけですよ。漫画を読んでいたりすると僕に気付かれないようにそーっと入ってきて、僕が座っている(机から)棚を挟んだ向こう側のところでなんの歌か覚えてないんですけど、僕の悪口を並べた替え歌というか、単純に悪口をメロディーに乗っけて歌ったりとか。校庭でサッカーなんてした日にはみんなすごいんですよね、教室の窓から学年全員が顔を出して僕に対して罵声を浴びせてくるとか」

――学校側は止めたりしなかった?

「もちろん途中で自分の母親に相談しました。相談というか、『学校行きたくない』って言ったのかな。それを聞いた母親が一体どうしたんだってことで、それで発覚したと思うんですよね。僕がイジメられているということが。それで母親は、担任の先生に連絡ノートでどうにか処置をとってほしいと言ったと思うんですけど、僕のクラスの担任の先生は何もしてくれなかったです。本当に何もしてくれなかった」

――イジメが頻繁になったのは、圭さんのお父さんが亡くなった後ですよね。

「そうですね、亡くなった後ですね」

――小学何年生のとき?

「4年生か5年生だったと思うんですよね」

――イジメられた期間は1年~2年?

「そうですね。今思い出すと、そんなに長いこと(イジメが)続いていたんだなって思うくらいです。1年もよく学校行っていたなって自分で思います」

「(再婚を)やめてくれ」圭くんが感情を爆発させて泣いた

――小室さんのお母さん、佳代さんは再婚を考えていた?

「圭くんが“おじさん”って呼んでいる男性がいて、その人が(圭くんの)お母さんと一緒に行動していたのはすごいよく覚えています。確かヒゲ生やしていて、少し白髪のダンディーなおじさんという感じの人で。(圭くんの)お父さんが亡くなってからすぐ、わりとそんなに時間が経ってないときに(圭くんの)お迎えでお母さんがその男性といらしていて、その男性が最近出入りをしているらしい、という話をうちの母親から聞いて、『あ、そうなんだ』と。圭くんのお母さんいわく、『圭もすごく男性のことを気に入っている』とうちの母親に話をしていた。圭くんもその男性が家にいるときは態度を良くしていたみたいで、結構遊んでもらったりもしていたみたいです」

お父さんが亡くなって1年経ったか経ってないかぐらいのときに、圭くんのお母さんがその男性と結婚をするしない、という話があったらしいのですが、(圭くんの)お母さん的には、『圭もその男性が好きだし、(再婚は)嬉しいに決まってるでしょ』くらいな感じだったと思うんですよ。でもいざ圭くんに『結婚しようと思っている』と話したら、初めて圭くんが感情を爆発させて泣きながら『やめてくれ』と言ったという話もお母さんから聞いています。

 僕が大人になって色々考えると、学校内での僕に対するイジメや行動というのは、ある意味、(そうした家庭の)ストレスの矛先だったんじゃないのかなって思うところもあります。思い返すと『あいつ可哀想だったな』と思う部分もあります。男性に懐いていたっていうのも、もしかしたら本当はお母さんに気を遣ってやっていたんじゃないのかな。なにせ親のことが大好きな子だったので、お母さんのこともすごく大事にしているイメージがあったので。そのぶん本人も辛かったんじゃないのかなと」

同窓会の前に一対一で再会「おぉ久しぶり」「言うことあるだろう」

――その後、成人式で圭さんに会った?

「僕は成人式に参加していないんですけど、成人式の日に小学校クラス同窓会をやろうということになって。僕的には色々ありましたけど、随分時間が経っていたし、小学校卒業後は他の子たちに全然会っていなかったので、ちょうどいいやと思って。そうしたら彼から連絡が来たのか僕から連絡したのか覚えていないんですけど……もしかしたら僕が面白がって連絡したかもしれない。圭くんの事を恨むようなところがあったので、こんなに時間が経って一対一で会ったら(圭くんは)何て言うんだろうなって感じで。

 それで同窓会に行く前に(圭くんと)渋谷で待ち合わせをしたんですよね。久々に会うので小学校の話になるじゃないですか。そのときに圭くんがなにを言うのか興味があったんです。それで2人で会う時間を設けて、相手の反応を見ていたんですけど、まあ何事もなかったように、『おぉ久しぶり』って感じで。それよりも何か言うことあるだろ、みたいな。本人がどう思っているかは知らないですけど、僕としては『言うことあるだろう』と。ずっと思ったまま同窓会に行きました」

――眞子さまとの婚約内定の報道が出たときはどう思った?

「何を考えているんだろうなと思いましたね。もちろんびっくりはしました。小室圭って同姓同名なだけかなって思ったんですけど、本人じゃないですか」

「ごめん」さえ聞ければよかったが、期待は見事に……

――婚約内定時にはAさんにも取材が殺到していたと思いますが、そのときに圭さんとはやりとりがあったんですか?

「ありました。最初は報道があったときに連絡するつもりはなかったんですけど、僕にも取材のお願いがいくつか来ていて。それで(圭くんに)『正直どうしてほしい?』と聞いたんですよ。それを聞いたのも理由があって、『取材を受けちゃったら(今までのことを)全部話すよ』っていう遠回しな忠告も含め、最後のチャンスとして、謝るなら今だよというニュアンスメッセージを送ったんですよ。

 そうしたら『小学校の時は仲良くしてくれてありがとう、報道の件に関してはご迷惑をかけて申し訳ない。取材を受けるかどうかは好きにしてくれ』という返事が来て。僕の聞きたい言葉は何も返ってこず、『ありがとうと言う前に謝る事があるだろう。あれだけのことをしておいて、忘れたとは言わせないぞ。俺は未だに覚えているし、(圭くんの)話をしろと言われたらそれしか出てこないし』とメッセージで送ったんです。でもそのメッセージを送った途端に既読スルーされました」

――「ごめんね」という一言が一番欲しかった?

「そうですね、最後の最後にちゃんと彼が『今まで逃げてきたけど、本当にごめん』と。一言『ごめん』という言葉さえ聞ければそれで忘れるというか、無かったことにするというか、そういう時代もあったなぐらいにできるかなと思っていたんですけどその期待は見事に崩れましたね」

国立音楽大学附属小時代「イジメの真相」#1#2を読む)

(「週刊文春デジタル」編集部/Webオリジナル(特集班))

婚約内定記者会見での眞子さまと小室圭さん(2017年9月)©JMPA