カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

うたた寝中のキツネから毛を引っこ抜くシジュウカラ
 キツネの毛皮はふわふわ、モフモフの上質素材なので、人間世界でもコートやマフラーに使用されることがあるが、その毛を欲しがるのは人間だけではなかったようだ。

 巣穴から出て日向ぼっこをしながらうたた寝をしているキツネに近づいてきたのは1羽のシジュウカラ。狙いはこの毛皮にあったようだ。

 キツネが寝ているのをいいことに、くちばしでその毛を引っこ抜いていく。途中キツネが目を覚ますと、さっと逃げるも、すぐにまた戻り、既定の量を集めるまでは何度も何度でも抜きに来る。

【そのフォックスファー、いただきますぜ】



A snoozing fox meets a plucky little black-crested titmouse

 アメリカ、テキサス州にある野生動物保護施設「Texas Backyard Wildlife」での出来事だ。この日、巣穴の外で日向ぼっこをしながらうたた寝をしていたキツネの傍にやってきたのは1羽のシジュウカラ

 シジュウカラは最高にゴージャスな巣をつくりたかったようで、キツネの毛を目当てにやってきたのだ。
2
 キツネの上にのり、まずはキツネの反応を確かめる。ウトウトしていたキツネはシジュウカラにいたずらされていることを知りながらも、襲う気配はなさそうだ。

 ウザそうに頭を起こすも、そのまままた眠りにつこうとする。 
4
 よし!これならいける。そう判断したジュウシカラは、何度も何度でもキツネにまとわりつき、どんどんその毛を引っこ抜く。

 1度に運べるだけの量は集まったようだ。
3
 「キツネさんはこんなにたくさん毛があるし、そろそろ換毛期だから、自然に毛も抜け落ちちゃうわけだし、ちょっとくらい私に毛を分けてくれたっていいよね?」というのがシジュウカラの理論なのだろうか。

 ちなみにこのシジュウカラ、翌日も現れ、さらにキツネの体をつついて、毛を回収していったそうだ。

 とは言え、キツネが狩猟モードに入れば、シジュウカラはおいしいご飯となりかねないわけだが、それでもどうしても欲しくなるほどキツネの毛皮の魅力には抗えなかったのかな。

追記(2021/05/10) コメント欄によると、この鳥はアメリカのテキサス州やオクラホマ州などに生息するシジュウカラ科の鳥で和名はクロエボシガラというそうだ。

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

動物・鳥類の記事をもっと見る

ゴージャスな巣作りの為、うたた寝中のキツネの目を盗み、毛を引っこ抜くシジュウカラ - カラパイア

ドアの隙間から忍び寄る小さな肉球の数々。ドアを開けた瞬間、湧き出る子猫爆弾 - カラパイア

【音量注意】猫たちにとある音声を聞かせてみた。猫まっしぐらに飛んでくるらしい? - カラパイア

飼い主が留守中、犬がプールに転落!なんとか助け出そうと必死にがんばるもう1匹の犬、34分後に無事救出 - カラパイア

ゴージャスな巣作りの為、うたた寝中のキツネの目を盗み、毛を引っこ抜くシジュウカラ