節約しながら暮らしています

節約しながら暮らしています

日本の平均世帯年収は552万円(2019年厚生労働省)だが、もっと稼げるのならそうしたいという世帯は多いだろう。子どもにかかる費用や老後の貯蓄などを考えると、いくらあっても足りないくらいだ。では、平均世帯年収を超える人は、金銭的な不自由を感じないのだろうか。

キャリコネニュース読者の30代男性(IT関係/世帯年収1000万円)は、都内に賃貸マンションを借りて、夫婦と子どもの3人で暮らしている。男性は

格安スマホスーパーの値引き品を買うなど節約しながら暮らしています。年に数回旅行をしつつ、妻の収入はすべて貯金に回せている状況です」

コメントを寄せた。今回は、世帯年収800~1000万円のリアルに迫る。(文:中島雄太)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「もう若くないので、いつまで働けるのかが不安」

愛媛県の40代男性(メーカー勤務/世帯年収850万円)は、専業主婦の妻と3人の子ども、妻の母と一緒に6人で暮らしている。男性は「生活は至って普通」といい、

コロナの影響で、今はほぼ外食をしません。旅行もあまり興味がないので、行っても年に1~2回です。日帰りで遊園地に年に2~3回ほど行きます」

と明かすが、持ち家の住宅ローンと、2台の車の維持費に追われている状況だ。また「子どもは現在、中学生、と小学生、それから3歳です。今のところ学費は少ないですが、これからが不安です」と胸中を語る。

さらに男性は「もう若くないので、どこまで元気に働けるか……」と続けた。

「これから50代、60代になり、子どもが成人するまで生きていけるのか心配です。学費や子育てにこれからいくら必要なのかもよくわかりません。できるなら転職したいですが、今の年収以上になる可能性はないと思い、現状にしがみつくだけです」

男性は「今は贅沢をしなければ不満なく過ごせます。買い物もある程度自由にできますし、欲しいものも高額でなければ買えています」と語り、幸せを感じているものの「収入の割に不安が大きい」と打ち明けた。

「半額品を買うときだけ、なぜか勝ち誇ったような気持ちになれます」

兵庫県の30代男性(メーカー勤務/世帯年収850万円)は「日々の生活を切り詰めているわけではありませんが、そんなに豪勢でもありません。国産の新車をローンで購入しましたが」と語る。

スーパーは週に2回、お買い得品を参考にメニューを考える生活。つみたてNISAiDeCoで、老後の余力を少しでも残しておきたいと考える今日この頃です」

滋賀県の50代男性(メーカー勤務/世帯年収950万円)は、双子の子どもが高校受験を控えているため、塾を探している現状だ。さらに、

「両親の介護のため、月に数回帰省することになりました。住宅ローンもあるので家計はマイナスに転じ、貯蓄を崩して節約生活をしています」

男性は「半額品を買うときだけ、なぜか勝ち誇ったような気持ちになれます」と続けた。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」共働き・片働きの不満などのアンケートを募集しています。

—–

【あわせて読みたい】
世帯年収1300万円の40代男性「普段はユニクロで十分だが、お出かけ時は割引品のノースフェイス」
「妻が働かない。離婚したい」世帯年収800~1000万円、家族関係に不満がある人の声

世帯年収800~1000万円の生活感「格安スマホやスーパーの値引き品で節約」「子ども3人。学費にいくらかかるか分からず不安」