カート・コバーンの髪の毛オークションに出品された。

アイコニックオークションズ開催のアメージング・ミュージックオークションに、カート髪の毛6本が登場。「ブリーチ」を引っ提げ敢行した1989年ニルヴァーナツアーからの遺品となる。

カートの友人だったテッサ・オズボーンさんは当時、英バーミンガムにてカートの髪を切ったそうで、彼の自殺後、その髪の毛を米シアトル在住のアーティストニコール・デポロに贈ったという。

アイテムはこう説明されている。

「この品は全く持って初めて市場に出るものとなります。ハサミを手にした、この髪の毛を切った女性とポーズを取るカートの写真、そして髪を切っている様子を捉えた素晴らしい写真まで付いており、出所も申し分のないものとなっています」
髪の毛と共にオリジナルのバッグ、『1989年10月29日。テスがイングランドバーミンガムのハンズワース、ホーリー・ロード27番地でカートの髪を切った』という当時の手書きのメモが付きます」

アイテムの開始価格は2500ドル(約27万円)からとなっている。

そんなカートアイテムとしては昨年、1993年の「MTVアンプラグド・イン・ニューヨーク」で使用したアコースティックギターオークションに出品され、601万ドル(約6.5億円)の高額落札で話題となっていた。チューニングが狂いがちだったという1959年マーティンD-18Eは、ジュリアン・オークションズ主催のオンラインオークション「ミュージックアイコンズ」に出品、落札予想価格100万ドル(約1.1億円)から200万ドル(約2.2億円)を大幅に上回る結果となった。

一方、2019年には同ライブカートが着用したカーディガンが33万4000ドル(約3600万円)で落札され世界で最も高価なカーディガンに。他にもカートが改造したフェンダー社のギタームスタング」が34万ドル(約3700万円)で落札された。