働いてもらいたい……

働いてもらいたい……

夫婦共働きの家庭なら、世帯年収600~800万円は一般的な収入ラインといえるだろう。しかし、一馬力で同世帯年収を確保するのは、なかなか骨の折れることだ。三重県の40代前半男性(IT・通信系/正社員/子ども1人/年収700万円)は、

「現状の世帯年収で普通に生活していけるため、妻が働こうとしない。金銭的な余裕がなく、少しストレス

と胸中を明かす。「できれば妻にも働いてもらい、もう少し余裕のある生活を送りたい」というのが男性の本音だろう。

ほかにも、世帯年収600~800万円のキャリコネニュース読者の声を紹介する。(文:大渕ともみ)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「学資保険分はどうにか捻出しているけど、ギリギリです」

世帯年収600~800万円で子どもを育てていくのは、簡単ではないようだ。世帯年収650万円の30代前半男性(神奈川県/IT・通信系/正社員)は2人の子ども恵まれたが「学資保険分はどうにか捻出しているけど、ギリギリです」と嘆く。

コロナ禍で外出を自粛しているおかげで、どうにかプラス収支になっています。入社時からExcelで収入を集計していますが、年収が上がっても税金の上がり幅が大きすぎて、手取りは増えていません」

男性は「残業していた新人時代が、一番手取りが多かったです」と明かす。長く会社に勤めているにもかかわらず、豊かになれないとはやりきれない。

年収800万円の50代前半男性(北海道/流通・小売系/正社員)も2人の息子を持っており、学費の捻出に苦戦している。

「息子たちは、国立大学院と国立大学に在学中。ずっと『国立大学しか道はないよ』と言って育てました。奨学金も『自分の分は自分で払いなさい』と話しています」

「基本は自炊で、お茶も自分で入れたものを持ち歩き、ペットボトル飲料は買わない」

都内の40代後半の既婚女性(流通・小売系/パート)は世帯年収600万円。日々節約に励んでおり、「主人の勤務先は食品関係。おかげで食費は最低限で済んでいる」と打ち明ける。

「基本は自炊で、お茶も自分で入れたものを持ち歩き、ペットボトル飲料は買わない。服はメルカリで格安出品されている古着を調達している」

質素倹約に努める女性だが「学生時代も極貧だったから、生活基準を下げても平気」と語る。ただ、

「大好きな俳優さんの舞台をほとんど観に行けないことは不満。それから、パートを減らして姑の世話をしていたら、連休前後のシフトも減らされて泣きたくなった」

と不満も明かした。節約は大切だが、心のうるおいも人生には必要だ。パートシフトが増えたあかつきには、ぜひ舞台を観に行ってほしいと願う。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」共働き・片働きの不満などのアンケートを募集しています。

—–

【あわせて読みたい】
世帯年収1300万円の40代男性「普段はユニクロで十分だが、お出かけ時は割引品のノースフェイス」
「妻が働かない。離婚したい」世帯年収800~1000万円、家族関係に不満がある人の声

「専業主婦の妻が働こうとしない。金銭的な余裕がありません」年収700万円の40代男性の本音