インディーゲームスタジオPetumsは、実際の紙を撮影してアニメーションを制作したアドベンチャーゲーム『Papeturaを配信開始した。プラットフォームはPC(SteamGOG.com)。価格は税込1220円。5月15日まで10%オフの1098円のセールを実施している。

 『Papetura』(パペチュラ)は、2匹の妖精「パペ」と「チュラ」が紙の世界に害をもたらすモンスターたちに立ち向かうポイントクリックアドベンチャーゲーム。作中では言葉が使われず、すべてアニメーション効果音によって物語が語られる。

 本作の特徴的なのは、キャラクターモンスター、背景や小さな虫などはすべて実際の紙によって制作されており、それらを撮影してゲームに取り込むことにより世界を表現している。ひとつひとつの紙を切り抜き、接着剤で組み合わせてペーパークラフト(立体模型)をデザイン、使用された紙は安価な印刷紙1種類のみが使われている。

(画像はSteam『Papetura』より)
(画像はSteam『Papetura』より)
(画像はSteam『Papetura』より)

 また紙の内部に光源を置いて光を透過させたり、外側から様々な角度から光を反射させることによって、独自の質感を表現。ゲームに色を塗っているのは「光」そのものだという。すでに公開されているメイキング映像では、本作の制作過程がわかるものとなっている。

 

 

(画像はYouTube 「Papetura Making The Game From Paper」より)
(画像はYouTube 「Papetura Making The Game From Paper」より)

 開発をしたのはポーランドに拠点を置くインディーゲームスタジオPetums。1996年クレイアニメーションを用いたゲーム『クレイマン・クレイマン』や、チェコインディーゲーム『マシナリウム』、ジブリ映画などから影響を受けて制作をしたという。
 本作も『マシナリウム』の音楽を手掛けたチェコ音楽家であるFloex氏が担当。ゲームの雰囲気作りに一役買っている。

 Steamのストアページでは、そのビジュアルや雰囲気に圧倒されたユーザーレビューが載っており、評価は「非常に好評」となっている。

 ポイントクリックアドベンチャーゲーム『Papetura』はPC(Steam、GOG)で好評発売中。気になった人は購入を検討してみてはいかがだろうか。

Steam 『Papetura』のストアページはこちらGOG.com 『Papetura』 のストアページはこちら

ライター福山幸司

85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter@fukuyaman