映画『劇場版鬼滅の刃無限列車編』(英題 Demon Slayer -Kimetsu no Yaiba- The Movie: Mugen Train)が全米公開され、興行収入ランキング1位を記録する快挙を成し遂げた。「無限列車編」のキーパーソン煉獄杏寿郎誕生日である5月10日は舞台版第2弾『舞台「鬼滅の刃」其ノ弐 絆』(8月上演予定)の全キャストが解禁された。そんななか主人公竈門炭治郎役の小林亮太はリスペクトを込めた方法で「煉獄さんの誕生日」を祝うそうだ。

昨年1月に東京・天王洲 銀河劇場で開幕した舞台『鬼滅の刃』には、主人公竈門炭治郎小林亮太)とその妹で自身が鬼化しながらも兄を助けて鬼と戦う禰豆子(高石あかり)、炭治郎と行動を共にする鬼殺隊の同期・我妻善逸(植田圭輔)、嘴平伊之助(佐藤祐吾)をはじめ、鬼殺隊の最上級隊士の一人“水柱”の冨岡義勇(本田礼生)などが登場した。

この夏に幕を開ける『舞台「鬼滅の刃」其ノ弐 絆』では、鬼殺隊最強の剣士“柱”が全員集結するという。そのキャストが水柱・冨岡義勇(本田礼生)、炎柱・煉獄杏寿郎(矢崎広)、蟲柱・胡蝶しのぶ(門山葉子)、音柱・宇髄天元(辻凌志朗)、恋柱・甘露寺蜜璃(川崎愛香里)、霞柱・時透無一郎(奥田夢叶)、岩柱・悲鳴嶼行冥チャンヘ)、蛇柱・伊黒小芭内(宮本弘佑)、風柱・不死川実弥(前田隆太朗)と発表された。

煉獄杏寿郎役の矢崎広は小林亮太と同じ芸能事務所トライストーン・エンタテイメントに所属しており、『ジャージー・ボーイズ』や『GOZEN -狂乱の剣-』といった舞台を中心にNHK大河ドラマいだてん~東京オリムピック噺~』第19話(2019年)、TBS日曜劇場『半沢直樹第3話2020年)などテレビドラマや映画にも出演している。

座長の小林亮太は5月10日Twitterで『舞台「鬼滅の刃」其ノ弐 絆』のキャスト解禁に触れ、「原作でもアニメでも胸が熱くなったあの闘い。柱集結」、「炭治郎と、物語と、真摯に向き合い、座組み一同で闘い抜きます。よろしくお願いします」と意気込んでおり、さらに「本日、煉獄さんの誕生日。吾峠先生が生み出してくれた素晴らしき男に感謝を。今日はお弁当食べます」と「無限列車編」で煉獄杏寿郎が駅弁を食べる場面をリスペクトしながら祝うことを明かしていた。

ちなみに『鬼滅の刃公式』Twitterが煉獄の誕生日を記念して、アニメ制作会社ufotable描き下ろしによるミニキャライラストを公開したところ、「煉獄さんお誕生日おめでとうございます! あなたの勇姿に魅了されて7か月…たくさん幸せもらってます、ありがとう! たくさん食べて幸せになって下さい 私はこれから煉獄さんのお誕生日5月10日にちなんで、50回目のバースデー乗車してきますね!」と映画館に向かう熱烈なファンからもコメントが寄せられている。

画像は『鬼滅の刃公式 2021年5月10日Twitter「【本日は煉獄の誕生日!】」』『小林亮太 Ryota Kobayashi 2020年1月29日Instagramインスタブログお久しぶりです。」』『あさステ! 2021年5月8日Instagram筋トレをしながらトークをしたり、あさステマンでは #声優になろう を紹介いたしました!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト