カプコン5月8日に発売したバイオハザード ヴィレッジが全世界で300万本を突破したと発表した

 『バイオハザード ヴィレッジ』は一人称視点のサバイバルホラーアクションゲームバイオハザード7 レジデント イービルから数年後を描いており、主人公イーサン・ウィンターズと妻ミアは娘ローズマリーを育てながら新しい生活を始めている。しかしある日、クリス・レッドフィールドが現れて事態は急変、イーサンはヨーロッパにある不気味な村を辿り着くことになる。

 本作は次世代機であるPS5Xbox Series X|Sに対応したタイトルで、その機能を最大限に引き出すフォトリアルな映像表現や、 最新のサウンド技術を駆使。また「村」そのものにフォーカスをあてた新しいゲームデザインを構築しており、『バイオハザードシリーズ最新作として新しい恐怖を表現している。

 カプコンは、今後の『バイオハザードシリーズの展開として、人気キャラクター同士で闘うオンライン対戦アクションバイオハザード RE:バース、フル3DCGアニメーションによる、 シリーズ初となるCGドラマバイオハザード:インフィニット ダークネスNetflix配信が控えており、さらなるシリーズの拡大を図るとしている。

 『バイオハザード ヴィレッジ』はPS4PS5Xbox OneXbox Series X|S、PC向けに好評発売中だ。

『バイオハザード ヴィレッジ』公式サイトはこちら

ライター福山幸司

85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter@fukuyaman