先週末に行われた前節、勝ち点で並んでいたミランユベントスに3-0と完勝し、3位に浮上。スペツィアに快勝したナポリが4位に浮上し、ユベントスチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位に後退した。残り3試合となって迎える第36節は火曜から木曜にかけて行われる。注目はCL出場権獲得に黄色信号が灯ったユベントスヨーロッパリーグ出場権獲得を狙う8位サッスオーロとアウェイで対戦する一戦だ。

ユベントスミランとの大一番でもここ数試合同様、低調なパフォーマンスを露呈。とりわけC・ロナウドが大ブレーキで攻撃を停滞させる要因となってしまった。ミランとの直接対決の結果でも下回ることになり、CL圏内への再浮上が厳しい情勢の中、限界を感じさせる内容が続くピルロ監督に打開策はあるか。

一方、サッスオーロはコッパ・イタリア決勝にアタランタとユベントスが進出していることで7位までに与えられるEL出場権獲得を狙いたいところ。7位ローマとは2ポイント差となっている中、ここ6戦で5勝と好調なチームは絶望的なチーム状態のユベントスを叩くことはできるか。

そしてサッスオーロに追われる展開のローマは、優勝を決めているインテルと敵地で対戦する。前節クロトーネ戦では5-0と圧勝してEL敗退を払拭したローマ。来季指揮官モウリーニョ監督が内定した中、来季に向けてEL出場権は確保したいところ。モチベーションのないインテルから勝ち点3を奪えるか。

ユベントスに完勝する形で3位に浮上したミランは15位トリノとのアウェイ戦に臨む。FWイブラヒモビッチの負傷は心配だが、MFディアスの好パフォーマンスを筆頭にユベントス戦では明るい材料が目立った。最終節にアタランタ戦を残すため、残留争いを戦っているトリノが相手ではあるものの、ここはしっかりと勝利を収めておきたい。

スペツィアに完勝して4位に浮上したナポリは、一足早く火曜に11位ウディネーゼとのホーム戦に臨む。FWオシムヘンが4戦連発とシーズン序盤の好調さをここに来て取り戻している中、勝利してCL出場権を争うライバルプレッシャーをかけたい。

降格の決まっていたパルマに5発圧勝として2位をキープしたアタランタは、降格圏に沈む18位ベネヴェントとのホーム戦に臨む。ここをモノにできればほぼCL出場権は確保できるため、重要な一戦となる。

フィオレンティーナに敗れてCL出場権争いから一歩後退した6位ラツィオは19位パルマとのホーム戦でCL権争いの生き残りを目指す。

その他、日本人所属チームではDF冨安の12位ボローニャが14位ジェノアとのホーム戦を戦う。ケガから復帰して以降、ここ2試合は3バックの右を担当している冨安だが、5試合ぶりの勝利に貢献できるか。

前節インテル戦で後半からの出場となったDF吉田の9位サンプドリアは17位スペツィアとのホーム戦に臨む。

セリエA第36節
▽5/11(火)
《27:45》
ナポリvsウディネーゼ

▽5/12(水)
《25:30》
カリアリvsフィオレンティーナ
《27:45》
ラツィオvsパルマ
ボローニャvsジェノア
インテルvsローマ
トリノvsミラン
サンプドリアvsスペツィア
タランタvsベネヴェント
サッスオーロvsユベントス

▽5/13(木)
《27:45》
クロトーネvsヴェローナ

サムネイル画像