5月10日月曜日朝、中国に「59%の衝撃」が走った。この日の『読売新聞』朝刊が、「五輪『中止』59%」との見出しで、6割近い日本人東京オリンピックパラリンピックの中止を求めていることを報じたのだ。

JBpressですべての写真や図表を見る

東京五輪「支持」で一貫していた中国国営メディアでついに否定的報道

 同日、中国国営新華社通信は初めて、7月23日に開幕予定の東京大会に対して、否定的な記事を掲載した。全文は以下の通りだ。

<日本の『読売新聞』が示した最新の世論調査によれば、59%にも及ぶ日本国民が、東京オリンピックの中止を望んでいて、期間通りの開催を望んでいる国民は、わずか39%に過ぎない。

 この調査は5月7日から9日に行われた。この調査には再度の延期を問う質問事項は入っていない。大会を開催すべきだと答えた中で、23%の人は無観客で行うべきだという回答だった。東京オリンピックパラリンピック組織委員会が6月に下す決定には、日本国内の観客の入場を認めるのか。

 日本のテレビ東京も先週末に同様の調査を行った。結果は、65%が中止か延期すべきというものだった。うち37%が中止を求め、再延期は28%だった。

 昨年3月に延期を決めて以来、日本国民のオリンピックに対する支持率は、一貫して低調だった。1カ月前、開幕まで100日の際に、共同通信が行った世論調査でも、70%以上の国民が中止か再延期すべきだと答えた。

 2013年1月7日、東京がIOC国際オリンピック委員会)に開催の立候補を名乗り出た後、『読売新聞』が実施した世論調査では、83%の国民が開催を支持していた。

 全国のウイルス状況の悪化に伴い、日本政府は7日、東京都大阪府京都府兵庫県の4都府県に出している緊急事態宣言を今月末まで延長し、同時に12日から、愛知県福岡県も緊急事態の実施範囲にするとしている>

 以上である。一見すると、『読売新聞』の記事の内容を紹介しただけのようだが、中国の官製メディアはこれまで、東京オリンピックパラリンピックに対するマイナスの報道を避けてきた。それどころか、ネット上に「東京オリンピック開幕までのカウントダウン」というコーナーまで作って、盛り上げてきたのだ。いまもそのページは健在で、「73日1時間16分19秒後」となって、毎秒毎秒を刻んでいる。

北京五輪成功のため日本に「貸し」作ってきた中国

 中国がこれまで東京大会を盛り上げてきた理由は明快だ。大手中国メディアの記者は以前、私に次のように述べた。

「中国は今年夏の東京大会について応援し、参加する。その代わり日本もまた、来年2月の北京冬季大会についても応援し、参加してほしいということだ。つまり、欧米がチラつかせているように、香港や新疆ウイグル自治区の人権問題によるボイコットはしないようにということだ。

 この『東京大会と北京大会を相互に応援し合う』ということで、中日両国の政府間では、了解している。そのため、日本のコロナ状況が悪化しても、中国は東京大会を応援し続けるのだ」

 実際、これまで中国は、「援護射撃」をしてくれていた。例えば、5月1日と2日に、オリンピック会場となる東京・有明アリーナで行われた「バレーボール日本代表国際親善試合~東京チャレンジ2021~」だ。

 通常、この種の国際試合というのは、オリンピックの最終テストマッチということで、有力国の代表たちが来日して行われる。だが東京は目下、緊急事態のさなかであり、あえてリスクを負おうという国は見当たらない。

 そんな中で、中国代表だけは、男女代表ともに、日本のメンツを立てて来日してくれたのだ。しかも空港に到着した時から、代表選手たちはマスクこそ着用していたものの、笑顔を見せ、「何も問題ありません」という無言のアピールをしてくれた。さらに中国男子チームに至っては、5月1日、2日と、二日連続で日本代表との試合を組んでくれたのだ。こうして中国は、日本に「貸し」を作ることで、開幕まで一年を切った北京冬季大会に保険を掛けたのである。

欧米が「東京五輪反対」に傾く中、揺るがなかった中国の「五輪支持」

 さらに、菅義偉首相が緊急事態宣言の延長を発表する緊急記者会見を開いた5月7日、中国の習近平主席は、ローザンヌにいるトーマスバッハIOC会長に電話を掛けた。二人が電話で話すのは、1月25日以来のことだ。

 この電話会談が終わるや、新華社通信は速報を流した。全文は長文だが、冒頭のくだりは以下の通りだ。

習近平主席は、バッハ会長のIOC会長の再選を祝福し、バッハ会長に率いられたIOCが、各方面で団結を示し、オリンピック運動の活気に満ちた発展を推進していくだろうと述べた。

 IOCは、全世界の新型コロナウイルス克服に向けて、少なからぬプラスの貢献をしてきた。それでもウイルスは、オリンピックなどスポーツ大会に、非常に大きな影響を与えてきた。

 中国は引き続き、IOCと足並みを揃えて、東京オリンピックの開催を支持していく意向だ。中国はIOCとのワクチン協力を強化していくことで合意し、共同でスポーツ選手が安全に試合に参加できるための効果的なバリアを築いていく・・・>

 このように、日本に対する「援護射撃」をしてくれたのである。

 周知のように昨今、多くの事案で、日本は同盟国のアメリカや、価値観を同じくするヨーロッパと足並みを揃え、中国を叩く傾向が強い。そしてそれに対して、中国は反発している。だが、こと東京オリンピックに関しては、欧米メディアが日本を叩き、中国が擁護するという構図だったのである。

さすがにもう諦めモード突入か

 それが、5月10日になって、ついに新華社通信が、否定的な報道を始めたのだ。ということは、「習近平バッハ会談」や日本のコロナの状況、欧米メディアの論調など諸々を勘案し、ついに「最後の砦(とりで)」である中国までもが、「諦(あきら)めモード」に入ったということなのかもしれない。

 実際、中国のネットSNS上でも、そんなムードを反映するコメントが、次々にアップされ始めた。例えばこんな調子だ。

「東京がもう、ギブアップみたいだ。すでにコロナを克服した北京が代わりに引き受けてやればいい」

「バカを言うな。せっかくコロナを克服したというのに、世界中からウイルスを持ち込んでどうする!?」

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  「文在寅が接種のワクチンは何社製か」韓国民が大統領に疑心暗鬼

[関連記事]

【舛添直言】検査徹底を怠ったツケ、宣言延長で高まる五輪中止論

これが現実、「精神論」でコロナと戦うこと国民に強いるニッポン

2019年1月31日、北京を訪問し習近平主席と握手するトーマス・バッハIOC会長(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)