7年の歳月を一緒に過ごしてきた愛犬が天国に旅立つという辛い経験をした飼い主が、立派な葬儀を挙げたことがアメリカで話題となっている。愛犬の顔を刺繍した大きな布を遺影として飾って芳名帳まで用意し、さらにはオンライン死亡記事まで掲載したという。愛犬への愛を感じる葬儀の様子を、『New York Post』などが伝えた。

ペンシルベニア州アレンタウン在住の牧師、ティム・ベヴィルジュニアさん(Tim Beville Jr)の愛犬でパグの“デクスターDexter、7)”が先月27日、病気により旅立った。ティムさんはデクスターが生後9週の頃から一緒で、約7年間をともに過ごしてきたという。

そして今月5日、ティムさんが自身のFacebookにデクスターの葬儀を挙げたことを写真付きで報告した。その葬儀があまりにも立派だったことに多くの人が驚き、5.3万件を超える「いいね!」が寄せられ話題を呼んだ。

その葬儀会場には大きな布にデクスターの顔が刺繍され、遺影として天井から吊るされていた。遺影の真下に真っ白サテン生地で装飾された小さな棺が置かれており、その周囲には花束がいくつも飾られている。

さらに棺の中で眠るデクスターは青いブランケットで包まれており、首輪には大きなリボンが取り付けられている。口元には、デクスターのお気に入りだったという青いぬいぐるみが置かれていた。

それだけでもかなり立派な葬儀だったことがうかがえるが、驚くべきことに会場のカウンターの上には芳名帳とデクスターの顔が印刷されたリーフレットまで用意されていたのだ。

アメリカの葬儀でも日本と同様に、芳名帳が用意されるのが一般的である。これは参列した人の記録となり、葬儀の記念品として保管されるという。

ティムさんは葬儀の前日に動画を投稿し、リーフレットの内容を公開していた。表紙にはデクスターの顔が印刷され、生年月日と没年月日、葬儀の日にちや場所が記載されている。そして裏表紙にはティムさんとデクスターが寄り添う写真が載せられていた。

これだけ盛大な葬儀に何人が参列したのか気になるところだが、ティムさんは「今晩デクスターに別れを告げに来てくれた皆さん、ありがとうございました」と記しているだけで、参列者の人数については明かされていない。

またアメリカでは新聞などに死亡記事を出すことも一般的だが、ティムさんは現在通例になりつつあるオンライン死亡記事までデクスターのために出していた。

そこには「YouTubeに合わせて歌を歌うのが好きだった」「食事の前には必ず臭いを嗅いでチェックしていた」「青いおもちゃで遊ぶのが好きだった」「チーズリンゴが大好きだった」「寝るときは仰向けになって、脚を投げ出して寝ていた」など、生前のデクスターの様子が詳細に記載されており、デクスター専用のFacebookページには800人以上のファンがいたと綴っている。

なお今回のティムさんの投稿には、お悔やみの言葉とともに「立派な葬式だ」「別れは辛いだろうけど、これだけの葬儀ならデクスターも喜んでいるだろうね」といった声が寄せられている。

画像は『Tim Beville Jr. 2021年5月5日FacebookThank you to everyone that came out tonight to say goodbye to Dexter!」、2021年5月4日Facebook「It’s been 7 days since you left us, and tonight we will get her to say our final see you later….」』『Judd-Beville Funeral Home, Inc. 「Dexter Beville」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト