「住むなら都内一択」な人の声

「住むなら都内一択」な人の声

キャリコネニュースでは「東京に住むのはしんどい?」というテーマで読者の声を募集している。東京暮らし経験を持つキャリコネニュース読者からは「家賃が高い」「人が多い」など、さまざまな不満が寄せられているが、都内在住の60代男性(サービス系/年収400万円)は

「都心近隣に住めば環境がよくはないのは当たり前の話。それを覚悟して東京に来たのでは?」

と憤る。また、男性は「東京の外に移住したいとは思わない」と述べており、”東京”という土地に相当な愛着があるようだ。(文:大渕ともみ)

「東京ほど住みやすい街はない」

男性は生まれも育ちも多摩地区で「東京ほど住みやすい街はない」と断言し、

「大きな公園や繁華街がたくさんある。ガタガタ文句を言っているのは、よそ者が都会人ぶっているだけの話」

と憤りを隠せない。確かに、自分が愛してやまない故郷について文句を言われては、黙っていられないだろう。男性は

「東京のよさがわからず文句を言う人は、早く実家に帰るべき。よそ者にとやかく言われたくない!」

と不快感をあらわにした。必要なものは何でも揃い、とにかく利便性に優れる東京。東京で生まれ育った人からすれば、地方に移住なんてとんでもない話なのかもしれない。

「東京に住むのは、別にしんどくないですよ」

都内在住の20代女性(専門コンサル系/年収500万円)は

「東京に住むのは、別にしんどくないですよ」

と反論する。女性は今後も都内で生活していくつもりだが、もし移住するのなら「国内ではなく海外がいいです。楽しそうなので」と答えた。つまり、彼女にとって「国内でもっとも楽しい場所=東京」ということだろう。

同じく都内在住の30代男性(金融・保険系/年収950万円)も「家賃が高いところだけが不満といえば不満。でも東京から出るのはイヤです」と明かす。

東京に住む40代男性(メーカー系/年収1400万円)は「住むなら都内一択」と持論を述べる。

コロナ禍の影響で人が減りました。とても快適です。行列もなくなりました」

ほかにも、30代女性(東京都サービス系/年収450万円)からは「東京まで1時間ちょっとの千葉に住むくらいがちょうどいい。何かあれば電車で東京まで行ける場所が理想的」という声が寄せられた。もし他県に住んだとしても、東京の便利さは手放せないようだ。

東京に住み慣れた人にとって、地方都市や田舎で暮らすのは物足りなく不便に感じるものだろう。東京暮らしだからこそ「しんどさ」から解放される一面だってあるのだ。

※キャリコネニュースでは引き続き「東京に住むのはしんどい?」
のほか【緊急募集】三度目の緊急事態宣言、あなたが思うことや現在困っていることを教えてください共働き・片働きの不満などのアンケートを募集しています。

「東京に住むのはしんどい」に反論「都心に住めば環境がよくはないのは当たり前。それを覚悟して東京に来たのでは?」