料理上手な恋人がほしい! と思ったことはありませんか? 自分のために美味しい料理を作ってくれる恋人がいたら、誰かに自慢してしまいたくなるかもしれません。今回は、そんな恋人の手料理を友人に自慢された男性が思わぬ展開に驚いたエピソードをご紹介します。

手料理
イメージです

友人の彼女

 都内で働く藤原拓馬さん(仮名・25歳)には、十年来の付き合いになるYくんという同い年の友人がいました。そんなYくんには付き合って3年、同棲して1年目の彼女がいます。藤原さんは普段からのろけ話を聞かされていました。

「彼女さんとは直接会ったことはないんですが、付き合い始めたころからちょくちょく話は聞いていて、Yくんが彼女大好きというのも話しぶりでわかっていました。同棲すると決まったときも嬉しそうに話してくれて、幸せそうでいいなと思ったのを覚えています」

 友人のカップルを羨ましく感じていた藤原さん。そして、同棲を開始してからもその羨ましい気持ちはどんどん大きくなっていきました。その理由はYさんがしてくる、ある自慢だったのです。

料理上手が自慢

 Yさんは同棲直後からよく「彼女の手料理」といって、LINEで美味しそうな料理の写真を送ってきていました。見た目も良く、どんどん腕を上げているのも写真でわかるほどだったといいます。

LINE

「最近ではお金取れるのでは? というレベルの料理とかも送ってきて、ただただ『いいなぁ』と感じていました。そんな美味しそうな料理を見せられたら、食べてみたいって思うじゃないですか。だから思い切ってお願いしたんです」

 藤原さんは「今度、彼女の料理を食べてみた」とYさんにお願いしてみました。会ったことがない彼女の手料理だからとダメ元でのお願いでしたが、Yさんからの返信は意外なものだったのです。

その料理を作ったのは…

 お願いのLINEをしてから、なぜかYさんから返信が来なくなりました。これまで一度もそんなことはなかったため、不思議に思った藤原さんが数回連絡をしてみると、Yさんからは「ごめん」というLINEが来ました。

LINE

「何がごめんなの?と思ったのですが、その後、Yくんから来たLINEで本当のことを知って驚きました。これまで僕にLINEで送ってきていた料理は、すべてYくんが作ったものだったんです。Yくんはどんなにすごい料理を作っても彼女に褒めてもらえなくて、誰かに褒めてほしい気持ちで送ってきていたらしく……」

 同棲前に料理や家事をやると張り切っていた彼女は、Yさんが料理上手なのを知ると、一切、料理を作ってくれなくなりました。さらに、料理をしても当たり前のように食べるだけで、感謝されたことは一度もないというのです。

「Yくんはそんな彼女との関係をあまり知られたくないがために、彼女が作ったと嘘をついていたようです。そんなこと気にしないのに……僕がストレートに褒めるから嬉しくて言い出しにくかったというのもあるみたいです」

料理の先生

 このなんとも悲しい嘘に藤原さんは同情し、後日、Yさんに家に来てもらい、手料理を振る舞ってもらいました。そのどれもが絶品で、意識せずとも「おいしい」と口に出てしまうほどでした。

「僕がおいしいおいしいと食べると、本当に嬉しそうで。その後、話を聞いたら、彼女との関係も良くないと知りました。同棲開始前後からYくんが彼女を大好きなのをいいことにワガママ放題しだしたらしく、徐々に見下されるようになって、家事もほとんどやらされていたようで」

 どんなに大好きだった相手でも、お互いを尊敬しあえる関係でないと付き合っている意味がないという話をすると、Yさんは何かを決意したいように帰っていったといいます。そして、後日、藤原さんのもとに彼女と別れたという報告が届いたのでした。

LINE

 今では藤原さんがYさんに料理を教えてもらっていて、カレーライスしか作れなかった藤原さんもどんどん料理の幅を広げているとのこと。そしてYさんは相変わらず美味しい料理を作り続け、頻繁にLINEで料理の自慢をしてくるそうです。

TEXT/つる>

【つる】

食べること、お酒、音楽、辛いものが大好き。30代になっても派手髪から抜け出せません。外に出るのはお酒が待っている時だけという姿勢を崩さず、今日も適当に生きています