モデルタレントとして活躍するユージと、フリーアナウンサーの吉田明世がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。TOKYO FMの音声サービス「AuDee(オーディー)」と連動したアンケート「AuDee JUDGE」を実施。5月10日(月)放送のテーマ「中国の『食べ残し禁止法』やりすぎだと思いますか?」に寄せられたメッセージの一部を紹介します。


※写真はイメージです



中国の全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会は4月29日(木)、飲食店での大量の食べ残しを禁じ、大食い動画の配信も規制する「反食品浪費法(食べ残し禁止法)」を可決しました。違反者には最大10万元(約170万円)の罰金を科す内容で、即日施行されました。

このニュースを受けて設定された今回のアンケートテーマはコチラ!

Q.中国の「食べ残し禁止法」やりすぎだと思いますか?
・やりすぎ……24%
・やりすぎではない(日本でも導入したほうがいい)……53%
・やりすぎではない(日本では導入してほしくない)……24%

やりすぎではない(日本でも導入したほうがいい)の意見
■私は日本でも導入すべき、に入れました。たまに、たくさん食べたいときに行っていたお蕎麦屋さんに、かつ丼の特盛があったのですが、近年のインスタ映えブームにより、SNSに写真を載せたいだけの女子高生が、ほんの少しだけ食べてほとんどを残してしまう……ということが相次ぎ、メニューから消えてしまいました。罰金制にしたら復活するのかなと思ったりしますが、それでも「罰金を払ったんだからいいでしょ!」と開き直るかもしれないので複雑です

◆やりすぎではない(日本では導入してほしくない)の意見
そもそも、食べ残しはするべきではないです。ご飯粒を1粒も残さず食べるように育てられてきたので。ただ、それは当たり前のマナーであって、法律で定めないといけないようなものにはなってほしくないなと思います。もちろん食べ放題で残すような人には、ペナルティが必要だとは思います。

このメッセージユージは、「わかります。僕も同じような環境で育てられました。あと、“ピザの耳”を残す人(が気になります)。昔、友達の家に行ったときに、ピザを出してもらったことがあって。みんなが耳を残しているので、子どもながらに“うわっ……いけないことをしている……”“僕だったら絶対に怒られる……”と思って見ていた記憶があって。今でも耳は絶対に食べますし、自分の子どもにも『最後まで食べなさい』って言っています」と語ります。

続けて、およそ80%が「やりすぎではない」というアンケート結果に触れ、「食べ物は、偶然お皿の上に降ってくる物ではなく、いろんな人たちの努力で、目の前に届けてもらった物です。その人たちの努力もそうですし、それを無駄にしてしまうと、食品ロスやいろんな問題につながるので、やはり、“食べる分だけ”というのを心がけたいですね」とコメントしました。

番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00
パーソナリティユージ、吉田明世
番組Webサイトhttps://www.tfm.co.jp/one/
中国の「食べ残し禁止法」やりすぎだと思う?「日本でも導入したほうがいい」と回答した人は…アンケート結果発表!