今回紹介したいのは、ツバロフさんが投稿した『【ガンプラ】模型幼女きりたん ジムの日・発動篇』という動画です。

投稿者メッセージ動画説明文より)

この動画は見られたものではないので見てはいけません! すみませんやっぱ見てほしいです


 HGジム寒冷地仕様を投稿者のツバロフさんが改造します。

 加工をしたのは主に4ヵ所。クリア成型のバイザーを生かし、頭部には電飾を仕込みました。また、このキットは拳が大きく腕が短く見えるため前腕を1mm延長。短く感じた太腿も2mm延長しています。

 これらの改造については、今回の動画の前編に当たる『【ガンプラ】模型幼女きりたん ジムの日・接触篇』に詳しくあります。興味を持たれた方はこちらをぜひご覧ください。

 悩んだのが塗装です。いつもは水性ホビーカラーの白かミモザをサフレスで塗るのですが、黒い接着剤を使ったのでうまく行きません。

 そこで新発売の水性ホワイトサーフェイサーを使うことに。下地にはつや消し黒を吹きました。

 グレーの部分は下地に水性サーフェイサーを吹いてからグレーで塗装。

 設定上は赤のシールド。『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』ではグレーだったためそれに準じました。

 関節や武器はダークグレーで塗装。

 その他の細かい塗り分けで筆で行います。

 ひときわ大変だったのがビームサーベルです。ハンドパーツと一体化しています。

 なんとかはみ出さず塗装して、ジム寒冷地仕様の完成!

 背面に電池を入れて、頭部を光らせることができます。

視聴者コメント

うぽつ
88888888
・相変わらず凝っとるー
・電飾あると全然ちゃうなー
・おつ

▼動画はこちらから視聴できます

【ガンプラ】模型幼女きりたん ジムの日・発動篇

―あわせて読みたい―

旧キット「1/144 ジム」の全塗装に挑戦! 懐かしいガンプラの味わいに「かわいい」「すごく好き!」の声

『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』のアレックスを“SDガンダム”にしてみた! 一から樹脂粘土で作り上げ「かっこいい」「すごい」の声