当初4月25日から5月11日までの17日間の予定だった新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が7日、5月末日まで延長されることが発表された。

【写真を見る】映画館ではガイドラインを徹底し、厳重な感染対策を講じている

それに伴い、政府は12日以降の休業要請の範囲を緩和し、20時までの時短営業を認める方針に切り替えたが、各自治体の休業要請との間で齟齬が生じることに。科学的知見に基づかず、かつ合理性を著しく欠いたそもそもの方策も相まって、ひたすら混迷を極めることとなっている。

まず、12日以降の各映画館の対応はそれぞれ異なっているため、詳細については各映画館のホームページやSNSなどで確認してほしい。

代表的な例を挙げると、TOHOシネマズでは東京都大阪府映画館で引き続き休業を決定。イオンシネマ東京都大阪府映画館は休業、京都府兵庫県では平日のみ営業を再開するほか、埼玉県神奈川県など複数の県の劇場で営業時間の短縮などを行なう。

ほかに延床面積1000平方メートルに満たないミニシアターなどを中心に、時短など一層の感染対策を強化したうえで営業を再開する見込みとなっている。

そうしたなか、映画館を中心とした興行場の業界団体である全国興行生活衛生同業組合連合会(全興連)は「映画を愛する皆様へ」と銘打った声明文を発表。

東京都映画館が施設規模に応じた休業要請の対象となっていることを「痛恨の極み」としたうえで、「当然ながら、感染拡大防止に最大限の協力を行うことに関しては一点の疑問もなく、ただ今回の措置に合理的かつ公平なご説明をいただきたいと願うばかりです。それが、非常に重い私権の制限を我々に課す行政側の責務であると考えております」と苦言を呈す。

そして「東京都映画館を閉めることは、実質上全国規模の映画の公開が不可能なこととなり、すでに明日には新しい基準が適用される12日が迫っていることから、多くの映画が中止や延期の判断に追い込まれつつあります。新作の映画が提供されなくなった他府県の映画館、関係する配給会社、製作会社、出演者やスタッフまでも苦境に立たされています。彼らの悲痛な叫びには心が張り裂ける思いです」と、映画興行の中心地である東京都映画館が休業することによって全国に波及し、映画界全体を脅かすことになるという窮状を訴えた。

現に、当初の緊急事態宣言の措置期間を踏まえて4月29日から5月12日へ公開が延期されていた『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』は再延期を決定。5月28日(金)に公開を予定していた『100日間生きたワニ』も公開延期を発表するなど、多くの作品が苦渋の決断を余儀なくされている。

昨年の4月に発令された最初の緊急事態宣言で大きな打撃を受けた映画界。その後徐々に回復の一途をたどり、『劇場版鬼滅の刃無限列車編』(公開中)や『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(公開中)などの大ヒット作を世に送りだし、世界でもいち早く映画館が復活した国として注目を浴びることとなった。しかしここにきて、再び1年前の状態に逆戻りしようとしている。

前述の声明文にもある通り、感染者を1人も出さないことを目的としたガイドラインを徹底して遵守してきた映画館では、現在までクラスターを発生させることなく営業を続けてきた。

Twitter上では現在「#映画館への休業要請に抗議します」や「#SaveTheCinema」のハッシュタグをはじめ、映画・演劇・音楽・美術を包括した「#WeNeedCulture」や「#文化芸術は生きるために必要だ」といった、文化を守ろうとする運動が活発化しており、あらゆる面において事態の改善が急がれるところだ。

5月7日発表の全国興行生活衛生同業組合連合会による声明文

映画を愛する皆様へ

声明文

全国興行生活衛生同業組合連合会

会長 佐々木 伸一

東京都興行生活衛生同業組合

理事長 菅野 信三

日頃より映画館に対してご支援を賜り、また、上映に際しては感染予防対策の順守徹底にご協力を賜り誠にありがとうございます

さて、ご存じの通り東京都における5月7日付「新型コロナウイルス感染拡大防止のための東京都における緊急事態措置等」において、映画館が休業要請を受けております。皆様にご心配、ご迷惑をおかけし大変心苦しく思っております。

同日に内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室より発表された「事務連絡」における国が示す目安において、特措法施行令11条1項4号の「劇場等」はすべて、人数上限や収容率等の要件に沿った施設使用の要請等を行う施設として認定され、実際上の営業が許可されているところ、東京都においては、そのうち「映画館」「プラネタリウム」のみが、施設規模に応じた休業要請の対象と整理されていることは痛恨の極みです。

我々、全興連および都興組はコロナ禍の初期より、感染症専門医と協議のうえ、科学的知見に基づいたガイドラインを作成し、「大切なお客様に1人の感染もださせない」を合言葉にそれを順守徹底することで、現在まで映画館でのクラスターを発生することなく営業することができた自負があります。

もちろん、なによりもお客様の最大限のご協力、そもそもの興行場の厳しい換気基準があってこそではありますが、相対的な感染リスクの少なさは、政府あるいは各自治体からもご評価いただいているところです。

今回の非常に残念な措置を受けたことは理解することが難しく、東京都ご担当者に繰り返しご質問をさせていただきました。そのお答えは、「人流を抑えるための総合的判断」「感染症のリスク上の線引きではなく、人流抑制を目的としたもの」以上のものをお示しいただくことができず、我々の期待したお答えをいただくことはできませんでした。

傘下の事業者からも、「なぜ映画館だけが」「納得できる理由がない」といった声が多数挙がり、映画を愛する皆様からも非常に多くのご心配の声をいただきながら、我々も説明することが叶わず、日々苦慮しております。

また、東京都映画館を閉めることは、実質上全国規模の映画の公開が不可能なこととなり、すでに明日には新しい基準が適用される12日が迫っていることから、多くの映画が中止や延期の判断に追い込まれつつあります。新作の映画が提供されなくなった他府県の映画館、関係する配給会社、製作会社、出演者やスタッフまでも苦境に立たされています。彼らの悲痛な叫びには心が張り裂ける思いです。

当然ながら、感染拡大防止に最大限の協力を行うことに関しては一点の疑問もなく、ただ今回の措置に合理的かつ公平なご説明をいただきたいと願うばかりです。それが、非常に重い私権の制限を我々に課す行政側の責務であるとも考えております。

今後は、いままで以上に東京都様に我々の感染対策を説明し、一日も早くご理解を賜る努力を続けてまいります。従来からの皆様のご愛顧、ご支援に感謝を申し上げるとともに、引き続きのご協力を何卒よろしくお願いいたします。

末筆ながら、日夜新型コロナウイルスと戦う医療関係者の皆様、感染終息に向けてご尽力されておられる皆様に心より御礼を申し上げます。

以上

※営業状況は5月11日現在

TOHOシネマズ

<休館対象劇場>

TOHOシネマズ 日比谷、TOHOシネマズ シャンテTOHOシネマズ 新宿、TOHOシネマズ 池袋、TOHOシネマズ 日本橋TOHOシネマズ 上野、TOHOシネマズ 六本木ヒルズ、TOHOシネマズ 渋谷、TOHOシネマズ 西新井、TOHOシネマズ 南大沢、TOHOシネマズ 府中、TOHOシネマズ 立川立飛、TOHOシネマズ 錦糸町 (楽天地・オリナス)、TOHOシネマズ 梅田、TOHOシネマズ なんばTOHOシネマズ 泉北、TOHOシネマズ 鳳、TOHOシネマズ くずはモール

<対象期間>

4月25日5月31日(月)

シネマサンシャイン

<休館対象劇場>

グランドシネマサンシャイン 池袋、シネマサンシャイン平和島

<対象期間>

4月27日~当面の間

ユナイテッド・シネマ

<休館対象劇場>

ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場ユナイテッド・シネマ豊洲、ユナイテッド・シネマとしまえんユナイテッド・シネマ岸和田ユナイテッド・シネマ枚方

<対象期間>

4月25日~当面の間

イオンシネマ

<休館対象劇場>

イオンシネマ板橋、イオンシネマ シアタス調布、イオンシネマ多摩センターイオンシネマむさし村山、イオンシネマ日の出、イオンシネマ茨木、イオンシネマ四條畷、イオンシネマ シアタス心斎橋イオンシネマりんくう泉南、イオンシネマ大日

<対象期間>

4月25日~当面の間

<休館対象劇場>

イオンシネマ大日イオンシネマ高の原、イオンシネマ久御山、イオンシネマ京都桂川、イオンシネマ明石、イオンシネマ三田ウッディタウンイオンシネマ加古川

<対象期間>

5月12日より平日(月曜日金曜日)の営業を再開

松竹マルチプレックスシアターズ

<休館対象劇場>

新宿ピカデリー、丸の内ピカデリー、東劇、MOVIX亀有、MOVIX昭島、MOVIX八尾、MOVIX堺、大阪ステーションシティシネマなんばパークスシネマ

<対象期間>

4月25日~当面の間

<休館対象劇場>

神戸国際松竹、MOVIXあまがさき

<対象期間>

5月12日より平日は時短営業、土日祝日は営業を休止

ティ・ジョイ

<休館対象劇場>

新宿バルト9、T・ジョイ SEIBU 大泉、T・ジョイ PRINCE 品川、梅田ブルク7

<対象期間>

4月25日5月31日(月)

テアトルシネマ

<休館対象劇場>

シネ・リーブル池袋、テアトル梅田、シネ・リーブル梅田

<対象期間>

4月25日~休業要請解除後

■【109シネマズ

<休館対象劇場>

109シネマズ木場、109シネマズ二子玉川109シネマズグランベリーパーク109シネマズ大阪エキスポシティ109シネマズ箕面、109シネマズHAT神戸

<対象期間>

4月25日~当面の間

■ヒューマックスシネマ

<休館対象劇場>

池袋HUMAXシネマ

<対象期間>

4月25日5月31日(月)

文/久保田 和馬

緊急事態宣言の措置期間延長を受け、全興連が声明文を発表