高評価を得て早くも300万本セールスを達成したバイオハザード ヴィレッジファンによるさまざまなトークや活動も話題となてっているが、新たに3Dアーティストデビッド氏が初代プレイステーション風にディメイクしたような映像を公開し話題となっている。プレイステーション時代のローポリで表現される『バイオハザード ヴィレッジ』は、ともすれば本物より怖いかもしれない。

 初代プレイステーション風のディメイク映像は本家ゲームトレイラー体験版シーンモチーフにしている。とくに怖いのはやはり本作で話題のヴィラン「ドミトレスク」で、白目が光る“ディメトレスク”と本家ドミトレスクの比較動画を見ると、ディメイクの方が怖いようにも思えてくる。

 ほかのキャラクターの顔は比較的陰影を強調した初代『メタルギアソリッド』風であるのに対し、ディメトレスクだけはしっかりと表情が分かるようになっており、ことさら描写に力が入っているようだ。 

(画像はYouTube 「Resident Evil Village | PS1 Demake」より)
(画像はYouTube 「Resident Evil Village | PS1 Demake」より)
(画像はYouTube 「Resident Evil Village | PS1 Demake」より)

 はっきりしないのが恐ろしいのか、PS1世代のグラフィックホラーの相性はかなり良いようだ。『Haunted PS1 Demo Disc』に集められた無数のホラーゲームを筆頭に、itch.ioやSteamで検索すると多数のローポリホラーゲームが見つかる。

 なおデビッド氏は以前『デス・ストランディング』のディメイク映像を公開したことでも有名で、興味があれば氏のYouTubeチャンネルでさまざまな作品を閲覧できる。ディメイク作品を遊ぶことはできないが、本物の『バイオハザード ヴィレッジ』はPS4PS5Xbox OneXbox Seires X|S、PCで好評発売中だ。

『バイオハザード ヴィレッジ』 公式サイトはこちら

ライター古嶋誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter@pornski_eros