カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

絶滅危惧種に指定されているカリフォルニアコンドルが民家に大挙襲来


 絶滅危惧種の野生生物を間近で見ることができる機会を得ることは、幸運と呼べるかもしれない。しかし、アメリカカリフォルニア州の住民は、そうそう喜んでばかりいられないようだ。

 絶滅危惧種に指定されている巨大なカリフォルニアコンドルが、15羽以上で民家のウッドデッキに襲来。

 植木鉢などの物を壊したり、至る所に糞をまき散らしたりして住居を制圧中なのだという。『Fox News』などが伝えている。

【民家のウッドデッキにカリフォルニアコンドルの群れが襲来】

 カリフォルニア州カーン郡テハチャピに住むシンダ・ミコルズさんは、自宅テラスのウッドデッキに15~20羽にもおよぶ巨大なカリフォルニアコンドルが襲来し、驚いた。

 カリフォルニアコンドルは、世界最大の猛禽類の1つで、1967年からアメリカ合衆国連邦法により、また1971年からはカリフォルニア州法によって絶滅危惧種として保護されている鳥だ。

 翼を開くと2.7メートル、全長最大1.4メートル、体重14kgにまでなる巨大なカリフォルニアコンドルが、シンダさん宅に降りて来ては、デッキに止まって寛いだり、物を壊したり、至る所に糞をまき散らしているという。

 シンダさんの娘シエナさんは、5月5日に自身のTwitterでこの様子をシェア


 画像を見ると、タグのついたカリフォルニアコンドルが何羽もシンダさん宅のウッドデッキにいるのがわかる。

 このタグは、保護されている鳥の特徴で、どの繁殖プログラムに属しているかを追跡する目安になるそうだ。


 鳥たちは、シンダさんが姿を見せても一向に怯えることなく、ウッドデッキや屋根の上に居座り続けていたようだ。

 シエナさんのツイートには、「保護下にある絶滅危惧種の鳥の姿をこのように仲間で見ることは素晴らしいことではあるが、自宅の植木鉢を破壊されたり、網戸やウッドデッキの塗装に損傷を与えられたりすることに、母はほとほと困り果てている」と綴られてある。

絶滅状態を免れたカリフォルニアコンドル

 シエナさんのTwitterには、カリフォルニアコンドルの繁殖・保護活動を行っているアメリカ合衆国魚類野生生物局が、次のように回答した。

シンダさんの自宅は、ちょうどコンドルの歴史的な生息地に建っているようです。コンドルがシンダさんの自宅に来るのはそうした理由からです。

もし、このような事態が再発した場合、お宅の損傷を防ぐためにホースで水をかけたり、スプリンクラーを使用してみてください。

また、拍手や叫び声をあげたり、案山子を置いたりして、直接コンドルを傷つけない方法で追い払うようにしてください。野生のコンドルには触れないことをお勧めします。


 このアドバイスを受けたシンダさんは、早速屋根に止まっていたカップルコンドルホースで水を撒いてみたところ、鳥は飛び去り、近くの木々に避難したようだ。
 以降、彼らはシンダさん宅への制圧をやめ、民家上空を旋回しているだけの状況が多くなったことをシエナさんはTwitterで報告している。
 なお、このカリフォルニアコンドルは今も絶滅危惧種に指定されてはいるが、個体数が回復した、いわゆる保護の成功例のひとつだ。

 1980年代には数十にまで減少していたこの鳥は、野生生物保護活動家らの献身的な繁殖プログラムの導入によって、絶滅寸前の危機から救われたのだ。

 現在、アメリカに野生のカリフォルニアコンドル300羽しかいない。飼育下のものと合わせても500羽しかいない希少な鳥だ。

 そのうちの15羽も集まるなんてこれは奇跡に近いが、居座られた住人としては困惑してしまうのもわからないではない。

written by Scarlet / edited by parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

動物・鳥類の記事をもっと見る

犬の誘拐現場で取材中のテレビ局、偶然にも犬を連れ去った男性と遭遇、犬は無事飼い主の元へ - カラパイア

アライグマ、屋根に刺さる。あらゆる工具を使い救出に成功 - カラパイア

猫「ただ前に進むのみ!」威風堂々と脇目も振らず大草原を歩く猫 - カラパイア

民家の裏庭で保護されたぼっちの子猫、里親先の犬を慕い、深い友情を育む(アメリカ) - カラパイア

絶滅・絶滅危惧種生物の記事をもっと見る

4月23日は国際マヌルネコの日。歌って愛でよう「マヌルネコのうた」 - カラパイア

白亜紀、地球上には25億頭ものティラノサウルスがうようよしていたという衝撃の事実が判明 - カラパイア

我々は恐竜を蘇らせる技術がある。ジュラシック・パークは実現可能とニューラリンクの共同設立者がツイート - カラパイア

古代生物って面白い!三葉虫は脚で呼吸をしていたことが判明 - カラパイア

絶滅危惧種のカリフォルニアコンドルが民家に大挙襲来していた件(アメリカ)