カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

家の地下に19世紀のトンネルを発見!

photo by iStock

 何年、何十年もの間そこに建てられた家を中古物件として購入することが多い欧米では、引っ越しした先の家で、思わぬ地下室や隠れ部屋などを発見することが少なくない。

 このほど、アメリカのイリノイ州で引っ越しして間もない夫婦が、家の地下からトンネルを発見された。専門家の推測によると、1840年頃に造られたものではないかということだ。

【引っ越しした先の家の下からトンネル発見】


Illinois man finds mysterious tunnel beneath his home

 イリノイ州マディソン郡の、ミシシッピ川のほとりに位置するアールトン市に、去年12月に引っ越してきたゲイリー・マチェンスさんは、今年になって自宅敷地内にある歩道の傾斜を修理していた際、家の下にトンネルがあることを発見した。

1_e


 ちょうど歩道の一部の石垣を取り除き、修理作業をしている途中に見つけたそのトンネルは、高さ約2.7メートル、幅約2.9メートル、長さは少なくとも18メートルはあったそうだ。

5_e


 発見当時の様子を、ゲイリーさんはこのように語っている。
興奮して、仕事で出ていた妻のベスに「信じられないものが家の下から見つかったぞ」と伝え、すぐに家に戻るよう連絡しました。

そのトンネルは、敷地内の歩道からは、ほんの少しの入り口が見えるだけですが、中に入ると広いトンネルが広がっています。これほど無数のレンガを積み重ねて建設するのは、なかなか1人でできることではなく、恐らく多くの人が多くの時間を費やして造ったものでしょう。

トンネルは19世紀に造られたものと推測

 歴史を愛するゲイリーさんは、このトンネルについてもっと情報を集めたいと思い、地域の専門家やランドマーク歴史協会に問い合わせたりしたという。
アルトン周辺には、いくつかこのようなトンネルが存在しているそうですが、このトンネルがとてもユニークであることは間違いありません。

この家の歴史について私たちが知っているのは1890年までで、1863年に遡る地図を見ると、ここにこの家はなく、また別の家も建っていませんでした。

はっきりした証拠はないですが、地下鉄道に使用されていた可能性もあるようです。この地域はミズーリ州に近くフェリー乗り場もあったので、行き来に利用されていたのではという説もある一方で、何らかの保管庫のような目的で使用されていたという声もあります。(ゲイリーさん)


 専門家によると、現在ゲイリーさん夫妻が住む家が建てられる50年ほど前の、1840年頃にトンネルが建設されたのではないかと推測しているという。

 1895年に、通りが改修されて歩道の標高が上がったため、トンネルの入り口は何年もの間隠れる形になっていたようだ。

4_e


 ゲイリーさんは、このトンネルをそのまま保護したいという意思を示している。今後、市が安全であることをみなし、保護のための財政支援をしてくれるのであれば、トンネルツアーを提供したいと望んでいる。

written by Scarlet / edited by parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

歴史・文化の記事をもっと見る

冤罪だった可能性大。死刑執行から4年後、新たなDNAテストで別の容疑者が浮上 - カラパイア

融解が進むのイタリアの雪山の氷の中で発見された第一次世界大戦の遺物 - カラパイア

1位は東京。世界で最も人口の多い都市トップ20 - カラパイア

楽譜が刻印された珍しい中世のナイフ。食前食後の祈りの歌が刻まれていた - カラパイア

引っ越し先の家の地下に謎の空間、200年以上前のトンネルを発見!(アメリカ)