お笑いコンビバイきんぐ小峠英二(44歳)が、5月13日に放送されたラジオ番組「アッパレやってまーす!」(MBSラジオ)に姿を見せず、現場は騒然となった。

この日の番組開始直前、隔週レギュラーの小峠の姿がないことに出演者・スタッフが気付き、現場は騒然。当初、極楽とんぼ・山本圭壱はブースとは別の場所から番組に出演する予定だったが、急遽ブース入りすることになり、小峠不在のままとりあえずの形で番組はスタートした。

そして番組開始から15分すぎ、「すんません、すんません。すんません、すんません。ごめんなさい、申し訳ないです、ほんとすみません。ごめんごめんごめんごめん」と、平謝りで小峠が登場。  

「どうしました?」との問いに小峠は「家で、酒飲みながら餃子焼いてました……」と答え、遅刻の理由が寝坊だと思っていた極楽とんぼ・加藤浩次が「え? どういうこと?」と改めて確認すると、小峠は「ほんとすみません、家で、酒飲みながら餃子焼いてました…」と説明した。

さらに、加藤は「このラジオ木曜日の夜22時から始まるのは、知ってるよね? それで何やってたの?」と質問。小峠は「もちろんです、もちろんすみません。酒飲みながら餃子焼いてました……」。なおも加藤は「木曜日の夜22時からラジオあるの知ってて、酒飲みながら餃子焼いるっての、オレ話が全然わからないけど(笑)」と繰り返し問い詰めると、小峠は「あの……そうなんですよね。21時半くらいに飯食わなきゃいけないなと思って。21時くらいに腹減ったな、飯食わなきゃいけないなと思って。で、スーパーに買いに行って。戻ってきて21時50分くらい、で、そこから酒飲みながら、餃子焼いてました」「(餃子は)冷凍のやつを買って。フライパンに油入れて。いままさに餃子を投入しようというところにマネージャーさんから電話がかかってきて。『(マネージャー)なにやってんの?』『(小峠)酒飲みながら餃子焼いてます』『(マネージャーラジオだよ』『(小峠)ええっ!?』」というやり取りがあったという。

このとき、初めてきょうがラジオの出演日だと知った小峠は、「めちゃくちゃ焦りましたよね……。その……一番焦ったかもしれない。あんま考えてなかったですね。きょうが何曜日かって意識してなくて。で、ほんとに昼間仕事してきて、なんかもうきょう終わったなくらいに」と心境を告白。

結局「餃子食ってないです。餃子まだ入れてない」段階でスタジオに駆けつけたが、「酒は飲みましたけど、一杯飲んだくらいで、アルコールは入ってますね。すみません」と詫びた。

なお、なぜこのような勘違いが生じたのかについては、きょう21時40分頃に番組のLINEグループメンバーからメッセージが送られてきたのを見て、きょうは小峠と週替わりで出演している隔週レギュラースピードワゴン・小沢一敬の出演日だと思い込んでいたと語った。