(星良孝:ステラメディックス代表取締役、獣医師)

JBpressですべての写真や図表を見る

 ワクチン接種が混乱を極めている。やり方の稚拙さについて担当大臣も失敗を認めるほどの状況だ。そもそもワクチン開発で先行する海外の事例を学ぼうとする姿勢を全く感じない。ワクチン接種についてはいくつか論文が出ているので、今回はあるべき論を考察する。

 世界で最も評価の高い医学書とされている米ニューイングランドジャーナル・オブ・メディシン誌は、3月の段階で「ワクチン接種は大規模に展開する必要がある」と指摘していた。この中に詳細が出ているので見ていこう。

 まず、小規模なワクチン接種は失敗につながるとある。米国では2020年12月からワクチン接種が始まっている。論文によると、2021年1月11日までに2210万回分のワクチンが配布されたが、接種回数は670万回にとどまった。

 日本の場合、5月12日時点でも約527万回に過ぎず、圧倒的な失敗と言えるが、米国でも当初は失敗と認識されていたのだ。その理由について、小さな施設で細々とワクチン接種をしようとしたからだと指摘している。

「当初はクリニック、薬局、地方自治体の公衆衛生担当者など、地域に密着した既存の医療機関を活用してワクチンを接種していた。だが、従来の医療機関を利用するだけでは、パンデミックを阻止するのに十分なスピードワクチンを接種することはできない」

 結局のところ、ワクチン接種は大規模に実施しなければ効果が半減するということだ。「従来型の接種会場に加えて、スタジアム、アリーナ、コンベンションセンターなど、ハイスループットな大規模会場での集団接種を組み合わせたハイブリッドアプローチが不可欠」という。

「ハイスループットな大規模会場」は分かりにくい言葉だが、大量のワクチン接種を高速で実施できる会場という意味だ。その理由として次のように解説している。

小規模で失われる効率の耐えられない重さ

(1)国民全体にワクチンを接種するための大規模な働きかけが必要だが、そういった働きかけは「プライマリーケア」の現場ではできない。プライマリーケアとは一般のクリニックなどだ。大勢の人々を呼び寄せ、一気に接種を進める形を取るのであれば、確かに小さなクリニックでは難しいだろう。

(2)小規模の接種会場に分散すると、ワクチン接種管理システムを統合するのが難しいと指摘する。これは日本でも問題になっている。

(3)ワクチンが不足する中、小規模の接種会場だとワクチンを使い切れないリスクがある。多くの人を集めておかないと、いざワクチンを解凍した後、その後に打つべき人がいないという状況が起こりうる。

(4)2回接種方式のワクチンを接種した人が、2回目のスケジュール管理が必要という点も挙げている。2回目接種に欠席した際のフォローアップも必要になるが、小規模会場で欠席者の対応をしていては非効率だ。

(5)急性アナフィラキシーの治療能力を確保する必要性。ワクチン接種後15~30分間は物理的に離れた場所で観察する必要があり、スペースや臨床スタッフが限られている小規模な診療所にとっては課題になる。これは日本でもそのまま当てはまる。

(6)最初に承認されたワクチンの冷凍保存条件(モデルナは-20℃、ファイザーは当初-70℃)と盗難に対するセキュリティは、ほとんどの医師の診療所にとって大きな課題になる。超低温保存のための冷凍庫を、ワクチン接種に対応する小規模施設に分散して設置するのは非効率だ。

(7)予防接種の保険支給額が限られているため、小規模な診療所では、既存の診察以外でワクチン接種を行う経済的なメリットがない。例えば、現在のメディケアの保険支給額は1回目が17ドル、2回目が28ドル。数量が限られている場合、要件を満たすための準備コストカバーするには十分ではないと論文が指摘している。この辺りは、米国の保険制度なので分かりにくいかもしれないが、クリニックの経営にとって得にならない、無理がかかるということだ。日本でも一部で既に問題になっているが、ワクチン接種を行うクリニックはほかの診療ができなくなる。そこまでやれるのかという問題だ。

 いずれの点を見ても、日本に当てはまる。すぐにでも集団予防接種会場も含めた再検討が求められる。

スタバやコストコがオペレーションに協力

 こういった課題があるため、米国では大規模施設でのワクチン接種が広がっている。例えば、マサチューセッツ州のジレット・スタジアム、カリフォルニア州のドジャー・スタジアム、アリゾナ州のステート・ファーム・スタジアムなど、既存のスタジアムに大規模な接種会場が開設された。

 これは米国だけではない。イスラエルイタリア、英国、ドイツでは、スタジアム、アリーナスケートリンク、大聖堂、町の広場、博物館などに集団予防接種会場を設置している。

 論文には、ワクチン接種を早期に開始した国、いわば「アーリーアダプター」は集団でのワクチン接種を実現するために重要ないくつかの教訓をもたらしたという指摘もある。一つは、医療以外の分野のイノベーションや専門知識を活用したパートナーシップが重要だという点だ。

 例えば、「ジレット・スタジアムの集団予防接種会場では、カスタマージャーニーエクスペリエンスデザイナーシステムエンジニアメディカルディレクター、情報科学者、臨床・非臨床スタッフスケジュール管理の専門家、救急医療サービスの専門家、感染予防担当者、コミュニケーションの専門家など、ワクチン提供のあらゆる側面に対応できる専門家が集まった」と書いているように、米国にはワクチン接種のオペレーションを他業種連携で乗り切った事例が少なくない。

 ドライブスルー型のワクチン接種会場が大渋滞した際に、ファーストフード店の店長に連絡を取り、接種会場のオペレーションの改善に繋げたサウスカロライナ州の事例。あるいはスターバックスマイクロソフトコストコと提携して模擬予防接種会場を建設。流れをテストしてボトルネックを特定。オペレーションを強化したワシントン州の事例も紹介されている。

 長年にわたって活動する地域社会の利害関係者と緊密に連携する際には、公衆衛生当局の適切な監督を受ける必要があるという注意点もつけ加えている。

 ちょうど日本ではワクチンの予約システムを、チケット予約のぴあが手がけると報道されている。ぴあに限らず、オペレーションで協力できる企業をもっと積極的に募るべきだろう。

劇場や映画館、野球場などが接種会場に活用せよ

 この論文のほかにも、海外では劇場、映画館、教会、野球場が会場になって、接種件数を伸ばしているとする報告が出ている。

 オーストラリアの研究グループは4月に出した論文で、「ほとんどの国では、スポーツ会場やその他の娯楽施設なども含めた公共スペースを迅速に予防接種の拠点に変えた。病院、診療所、礼拝所、老人ホームなども予防接種の場として提案されている。大規模な会場の利点は、駐車スペースが確保できることや、大人数を収容できることなど」と指摘している。

 カタールでは「有害事象のモニタリングを容易にするために、1回目の接種はクリニックで行い、2回目の接種にはカタールが利用するドライブスルー式の駐車場を利用する選択肢も議論されている」と紹介する。英国とニュージーランドの方針では、オンラインボランティア登録を進めており、ワクチン提供に必要なスタッフを増やすためのリクルートの枠組みを作っているという。

 日本は1万人規模のワクチン会場を大手町に作るそうだが、海外の情報も生かしながら、知恵を絞るべきだ。

参考文献
Goralnick E, Kaufmann C, Gawande AA. Mass-Vaccination Sites - An Essential Innovation to Curb the Covid-19 Pandemic. N Engl J Med. 2021 Mar 10. doi: 10.1056/NEJMp2102535. Epub ahead of print. PMID: 33691058.
Hasan T, Beardsley J, Marais BJ, Nguyen TA, Fox GJ. The Implementation of Mass-Vaccination against SARS-CoV-2: A Systematic Review of Existing Strategies and Guidelines. Vaccines (Basel). 2021 Apr 1;9(4):326. doi: 10.3390/vaccines9040326. PMID: 33915829; PMCID: PMC8066252.

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  「自衛隊のワクチン接種を民間に丸投げ」と“誤報”したAERA

[関連記事]

日本初のコロナ陽性者実態調査「どこで感染したと思いますか?」

韓国で増え続けるコロナ廃業の悪夢

ワクチン接種が本格化する今こそ接種のオペレーションを詰めるべき(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)