(田中 美蘭:韓国ライター

JBpressですべての写真や図表を見る

 5月10日、文大統領の就任4年目に当たる演説が行われた。30分間にわたる演説では、4年間の自身の政権運営についての所感や国民に向けたメッセージ、そして残り1年を切った任期での抱負などが語られた。演説はライブで中継され、病院の待合室ではテレビ演説に目を向けている高齢者の姿も見られた。

 文政権の現状を見れば、支持率の低下が止まらず「レームダック状態」と言われている。4月のソウル・釜山市のダブル市長選挙で与党が大敗を喫したことで風当たりは強まるばかり。「最悪」とも言える状態の中、文大統領は何を語ったのであろうか。

4年前からは想像できない国民の冷たい視線

 2017年5月9日、韓国憲政史上初めてである現職大統領の罷免に伴って実施された第19代大統領選挙。朴槿恵大統領や側近が引き起こした不正疑惑への強い失望感から、左派政党「共に民主党」の候補だった文氏が圧勝し、5月10日大統領に就任した。

 朴前大統領や右派に対する嫌悪や拒絶感の反動から、文大統領にかかる期待感は強く、就任から1カ月後の世論調査(韓国ギャロップ)では、82%の人が「評価できる」「期待する」とポジティブに回答していた。

 それが今となっては相次ぐ疑惑や近しい人々の不正発覚、摩擦ばかりを生み出す外交姿勢など、就任当時の文大統領に対する期待感は既に霧消している。韓国では、大統領の就任末期になるとスキャンダルや失政によって支持率が低迷し、苦しい政権運営を強いられることが多いが、文大統領に対する国民の視線はことのほか冷たい。4年前の就任時に、ここまで叩かれることになろうとは、想像できなかっただろう。

「終わりが見えてきた」とコロナ対策を自賛するが・・・

 演説の前半、文大統領新型コロナに対するこれまでの取り組みなどを振り返り、予想よりも長期にわたるコロナ禍での生活に耐えている国民に感謝と労りの気持ちを伝えるとした上で、「韓国が他の先進各国に先駆けて防疫の模範を示した」「今年11月までに集団免疫の獲得を目指す。コロナ禍との戦いも終わりが見えてきた」と強調した。

 ここ最近、韓国の感染者数は増加傾向にあるものの、その増え方は緩やかであり、対策が奏功している部分はあるだろう。ただ、「終わりが見えた」と胸を張るほどの状況ではないことは国民の誰もが知っている。

 マスクは常に義務化され、生活には手放せない状態だ。学校も大規模な行事を実施できる見通しはなく、学生は登校しての対面授業とオンライン授業を交互に繰り返している。人が多く集まる飲食店や店舗、施設においても国が設定する警戒レベルにあわせて営業制限を続けており、経営が悪化した事業者が廃業するケースも少なくない。

【参考記事】
韓国で増え続けるコロナ廃業の悪夢
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65264

 ワクチン接種についても、自治体によっては遅れが出ている他、アストラゼネカ製ワクチンの接種を巡り、政府の方針が二転三転するなど順調に進んでいるとは言いがたい。とても年内に「コロナが収束をして日常生活ができる」と思える状況でない。

 筆者の周りにも、「この調子ではいつワクチン接種を受けられるかわからない」「ワクチンや接種に関する政府の方針がころころ変わるので、接種しなくてもいいよう、かからないように気をつける」「そう簡単に集団免疫を獲得し、マスクなしの生活に戻れるとは思えない」といった意見が多い。誰も「コロナに打ち勝った」とは思っていないということだ。

【参考記事】
「文在寅が接種のワクチンは何社製か」韓国民が大統領に疑心暗鬼
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65219

 また、演説では北朝鮮との関係について多くの時間を割いた。この4年間、北朝鮮との関係強化は文政権の最優先課題であったと言ってもいい。

北朝鮮優遇にうんざりする国民

 就任翌年の2018年には板門店など北朝鮮側で3回の南北首脳会談を実施し、南北の平和と統一に近づいたことをアピールした。この間、米朝首脳会談も2018年2019年に開催されており、南北交流の気運は一時的に高まった。だが、具体的な成果や進展が示されたとは言えず、パフォーマンス好きな文大統領と米国のトランプ大統領による政治ショーだったという見方が広がっている。

 事実、2020年6月には北朝鮮が突如として軍事境界線近くの南北共同連絡事務所を爆破し、韓国側を慌てさせた。韓国内ではこれを期に北朝鮮への柔軟な姿勢をやめるべきだという声が高まったが、その後も文大統領北朝鮮との対話はあきらめずに続けた。この姿勢は今回の演説でも強調されている。

 だが、北朝鮮との関係ばかりを強調し、彼らを擁護、優先するかのような姿勢にうんざりしている国民は多い。脱北者たちにとっても、文政権は脅威と感じる人が多いと言われている。

 脱北者団体に対する資金提供は左派政権、右派政権に関係なく、朴前政権まで行われてきたが、文政権は大幅にカットし、代わりに北朝鮮への物資提供を大幅に増やす方針に転換した。昨年末には北朝鮮を批判するビラを禁止する法律を新たに成立させている。

 そんな文大統領片思いとは裏腹に、北朝鮮は事あるごとに対立姿勢が鮮明な声明を出しており、対話は一向に進んでいない。「北朝鮮との対話姿勢を米国に取り付けた」と強調するが、当の米国は韓国の見境のない北朝鮮びいきの姿勢に愛想をつかしつつある。5月21日の米韓首脳会談でも北朝鮮問題を前面に出し、米国の協力や理解を得たということを強調するだろうか。

【参考記事】
米国の新北朝鮮政策が決定、現実的核廃棄案の中身はこれだ
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65179

 この他、演説では長引く経済の低迷や不動産問題などについても言及したが、中央日報など主要メディアは「楽観的な態度で一貫」と論評。野党「国民の力」のキム・ギヒョン氏は「完全に頑固なマイウェイ演説」と酷評している。

【参考記事】
就任4年の文在寅、経済失政・外交崩壊続きも「自画自賛」の厚顔
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65257

客観的な状況分析ができない文在寅

 実際に演説及び演説内容の全文を改めて見直して感じるのは、演説の随所で国民への謝罪や労いといった言葉は散見されるものの、「現在の状況をわかった上で演説をしているのだろうか」ということだ。経済問題やコロナ対策に対する国民の不満、あるいは北朝鮮政策など外交政策の前提となる世界情勢について、正確に把握できているとは思えない発言が目立ったというのが正直な感想である。

「最後の1年が最も重要な年となる、韓国の運命を左右するという姿勢で臨む」という言葉で文大統領は演説を締め括ったが、これに対しても、国民からは「これまで散々国を破壊してきてまだ壊すつもりか」「いい加減にやめてくれ」「もう残りの1年間は何もせずにいてほしい」とこれまた散々な言われようであった。

 大統領自身は最善を尽くしているつもりであるのかもしれないが、国民の不満を感じ取れず、分析できないこと、国内外の情勢を主観でしか見極められないというのは致命的だろう。国民にはさらに忍耐の1年となるであろう。今後、与党、野党ともに来年の大統領選挙に向けた候補者選びなどを本格化させる。この1年がどのようなものになるか注目したい。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  就任4年の文在寅、経済失政・外交崩壊続きも「自画自賛」の厚顔

[関連記事]

韓国で増え続けるコロナ廃業の悪夢

「対北朝鮮」で溝深まる米韓、首脳会談決定でも歩み寄る気配なし

就任4年目の演説に臨んだ文在寅大統領(写真:YONHAP NEWS/アフロ)