名古屋市中川区にオープンした、「任侠カフェ」が名前の通りそのスジの方たちが出てきそうな雰囲気あふれる内装となっており人気です。とてつもない臨場感だ……。

【画像で見る】任侠カフェの内装とメニュー

 5月3日からプレオープンしていた任侠カフェですが、大きく話題になったのは5月12日名古屋の魅力を発信し続けているおいでよ名古屋@おいなごさんが訪れ店内の写真を投稿したところ、広く拡散されました。

 カフェ内はドラマなどでよく見る“いかにも”な装飾で、最初は入るのに勇気がいりそうな雰囲気。ただし怖そうなのは見た目だけで、お店自体は健全となっています。組長席はガラスの灰皿が置いてあるものの、「禁煙」のシールが張ってあったりとツッコミどころも。

 メニューには収益金が受刑者の更生や社会復帰支援などに使われる「マザーハウスマリアコーヒー」や刑務所内で囚人たちがビールだと思って飲む水「鉄管ビール」があったり、スイーツセットの価格が893円だったりと、パンチの効いた設定も見られます。パンチってパーマの方じゃなくてね。

 任侠者や「龍が如くシリーズ」などのファンにはいろいろとたまらない感じな任侠カフェは、11時19時まで営業。火曜日定休日となっています。

雰囲気あり過ぎである