5日以内に1人でショートアニメを制作するコンテスト、「作画王グランプリ」がTwitterで開催。同名のハッシュタグに、これだけのものを個人が短期間で完成できるのかと驚かされる秀作が多数集まり、大いに盛り上がりました。

【動画】上位作品を見る

 作画王グランプリは3月にSakuga Baud'zさんが個人で始めた、超短尺のアニメをお題に沿って1人で制作する大会。第2回となる今回は、「指定された3色を必ず使う(他色の追加は可)」「尺は最長6秒間」がルール。制作期間を5月1日0時から5月5日24時として募集したところ、187もの作品が投稿用ハッシュタグ「作画王グランプリ」に集まりました。

 アニメーターイラストレーターによる審査を経て優勝したのは、常温さん作「生徒会長の秘密」。凜とした生徒会長が急にのぞかせた、意外な秘密やかわいらしさを、わずか6秒で見せる構成が秀逸で、講評では「お題の色彩の使い方が巧み」「差し色が動きの中で見えるアイデアがすばらしい」などと評価されています。

 2位の「あなたは気付いていないでしょうね」や3位の「雨の日」など、ランキングにはいずれ劣らぬ作品がずらり。大盛況に終わった大会について、主催者のSakuga Baud'zさんに詳細を聞きました。

―― 作画王グランプリ誕生のきっかけを教えてください

Sakuga Baud'z 僕がDiscordで運営しているクロッキーサーバーで、試しに1時間でアニメ描いてみたのが最初のきっかけでした。驚いたことに、「そんなの描いたことない!」って人でも、1時間あれば3秒程度のアニメがそこそこ描けちゃうんですよ。

 そこからひらめいて、「即興でアニメを描く大会をDiscord内で開こう」と話を進めました。アニメーターの先輩に相談したら大変面白がっていただいて、「期間は5日間、Twitter上で賞金付きで開催しよう」と、どんどん話がふくらんで今に至る感じです。

―― 最初に開催したときは、どれだけの反響がありましたか

Sakuga Baud'z 第1回は73人のエントリーがありました。開催前は多くても30人くらいかなと想像していたので、予想外の反響に審査員の先生方も驚いていました。

―― 今回はエントリーも倍増し、レギュレーションも変わりました。前回に比べて参加作品に傾向の違いなどはみられましたか?

Sakuga Baud'z 第1回は「24枚制限」としていたのですが、「枚」の定義があいまいになっていたところもあり、今回は分かりやすく「6秒間」としました。作画枚数にものを言わせた、派手なアクション系の大作が増えていたのが印象的でした。

 また、白・紺・黄色の3色をお題としたところ、その配色から「あ、作画王グランプリだ!」と、ひと目で認知してくれた人が多かったのも、ここまで盛り上がった一因ではないかと感じています。

―― 今後の開催予定はいかがでしょう?

Sakuga Baud'z 次回は夏休み、その次はお盆などと、5日間連休をきっかけに開催する話までは固まっています。連休のない10月あたりにも、期間を3日にするなど規模を縮小して開催できないか検討中です。

協力:Sakuga Baud'zさん

優勝は「シーッ」のしぐさがかわいい「生徒会長の秘密」