カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

ネズミ退治の命を受け、1000匹の猫が市内に放たれる

photo by iStock

 アメリカの都市部では人間の食べ残しが豊富にあるためにネズミが増えすぎて問題となっている。イリノイ州にある米国最大の都市のひとつ、シカゴでもねずみ算式に増えるネズミに頭を抱えており、ネズミの蔓延を防ぐため2012年からあるログラムを導入した。

 昔からネズミの天敵と言えば猫だ。このプログラムは一旦保護して去勢・避妊手術をした野良猫を地域猫として市内に放つというもので、これまで1000匹以上の猫がネズミ退治の役目を背負ってパトロールに奮闘中だという。

【地域猫によるネズミ退治を実施するシカゴの動物保護施設】


Meet the cats fighting Chicago's rat problem

 イリノイ州シカゴの動物保護施設『Tree House Humane Society』は、2012年から「Cats at Work」と呼ばれるネズミ退治プログラムを実施しており、これまで1000匹以上の猫がネズミ退治の命を受け、パトロールに励んでいる。

 これらの猫部隊は、元々は野良猫だった。施設では野良猫たちを捕獲し、避妊・去勢手術を行い、元の場所に帰す活動をおこなっていたのだが、中には元いた廃屋が取り壊されていたり、安全に暮らせない場所になっていることがある。

 そこで施設では、行き場を失った猫たちを「ネズミ退治部隊」としてパトロールという職務を与え、住む場所(避難所)や餌を保障しているのだ。


 施設のサラ・リスさんは、このように話している。
猫は本能的にネズミを見たら追いかけますが、都会のネズミは手ごわいので取り逃がしてしまうこともあります。ですが、猫のフェロモンを察知したネズミは猫のいないところに行こうとするので、結果的にはネズミを追い出すことが可能となります。

cat4_e

猫たちの安全を確保しながらネズミ退治に取り組む

 Tree House Humane Societyウェブサイトでは、シカゴで蔓延するネズミ問題について、「環境にやさしい方法」で取り組んでいると記載されてある。

一度に、2~3匹の猫を住宅街や商業施設の周りに解放しています。猫たちは、特に誰かの家に滞在するわけではないですが、住民や施設事業主らが猫に餌や水を与えたり、安全に過ごせる避難所を提供し、お世話しながら猫たちのパトロールを見守っています。

 ほとんどの猫たちは最終的には地域猫として暮らしているという。

プログラムに参加することによって、去勢・避妊手術もなされ、餌と寝床の心配も不要になる猫たちにとっては、以前の野良生活に比べたら安心できるのではないかと思います。地域の人々もこの活動を理解し、暖かく見守ってくれています。(サラさん)


 シカゴでは、今日も地域猫たちがネズミ退治のパトロールに精を出していることだろう。とは言え、都会のネズミ巨大化し、猫に立ち向かうほどの力をつけている者もいる。

 トムとジェリーのような日常があちこちで起きている可能性がなきにしもあらずなのだ。

written by Scarlet / edited by parumo
追記:(2021/05/15)タイトルを一部訂正して再送します。

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

動物・鳥類の記事をもっと見る

脳の神経細胞を光で刺激し同期させたところ、マウス同士に友情が芽生える - カラパイア

賢いボーダーコリー、フェンス越しから歩道にボールを投げて、通行人に投げ返してもらう遊びを覚えた - カラパイア

こいつぁ刺激的ぃ!猫が見せたキシャーな一面にReddit民がハラハラ - カラパイア

ペットとして飼育されていたトラが逃走、現在も行方不明(アメリカ) - カラパイア

ネズミの大増殖を止めるため、猫1000匹以上が市内に放たれる(アメリカ・シカゴ)