MBSTBS系で放送中のバラエティ番組「教えてもらう前と後」の5月17日放送回で、声優を特集する。

番組では、声優を愛してやまない「声優LOVER100人の声」をもとに、声優の魅力を解説。「15人を瞬時に演じ分けるカメレオン声優の実力」「LOVERを虜にする“イケボ”声優」などさまざまな切り口から、声優を掘り下げていく。

「15人を瞬時に演じ分けるカメレオン声優の実力」では、関智一が15人のキャラクターを1人で演じわける「前と後特製 15キャラ登場アニメ」を放送する。「スタッフも大絶賛!憑依型スゴ腕声優 内田真礼のスゴ技」では、お笑いコンビすゑひろがりず」が内田真礼アフレコ現場直撃。同コンビの三島達矢の小学生時代を5重人格(ポジティブネガティブ、真面目、強気、ポンコツ)に分けて、内田がひとりで演じきるという企画に挑戦する。

また「LOVERを虜にする“イケボ”声優」では、声優歴33年の大塚明夫が登場。「SNSで話題の“喉押さえマン”がリモートで登場」では、声優のモノマネをする高校生Tik Toker「喉押さえマン」が「ドラゴンボール」の孫悟空フリーザベジータの演じわけなどを披露する。

このほかVTR木村昴スタジオゲストとして市川紗椰岩井勇気浪川大輔が出演する。

番組では、関智一が15キャラを瞬時に演じ分けるコーナーも