このところ、新型コロナウイルスについて、これまでになかったような「怖い数字」が報じられることが増えている。そのいくつかを改めて振り返ると――。

重症患者は過去最高

まず、きわめて深刻なのは、重症患者が増え続けていることだ。厚生労働省によると、新型コロナウイルスの全国の重症患者の数は、2021年5月12日段階で1214人。前日より25人増え、5日連続で過去最多となった。専門家たちが警告していたように、感染者数の増加後、少したって重症者や死者が増えるという予測通りになっている。

大阪の死者の急増ぶりもすごい。12日は50人。5月に入って発表された死者は計379人。これまで最多だった1月の347人を半月足らずで上回った。このペースが続くと、月間700人を超え、ひょっとしたら1000人にもなりかねない。

大阪の死者数については、感染爆発が続く「インドを上回る」という報道もあった。インドでは連日数千人が亡くなっているとされるが、人口は約14憶人。大阪の人口は約880万人。やや乱暴な言い方をすれば、大阪の50人はインド7500人に相当する、という計算も成り立つ。

あまり大きく報じられていないが、きわめて強力だというインド変異ウイルスは、10日段階で、入国者など70人から見つかっているという4月26日時点では21人だったので、こちらも急増中だ。

札幌でも感染爆発

13日昼のNHKは、「札幌で約500人の新規感染者が出る見込み」というニューストップで伝えた。東京や大阪の「1000人」という感染者数に慣れっこになっていると、「500人? 大したことないね」と、この数字にピンと来ないかもしれない。

実は札幌の人口は案外少なくて約200万人。これに対し東京は約1400万人。つまり札幌の500人は東京の3500人に相当するということになる。これまで東京は、約2500人が最高。最近は、多い時でも1000人を少し超える程度だから、札幌の深刻さがわかる。

札幌では5日、感染が拡大し、外出規制や行動抑制が呼びかけられる中で、海外の選手を招いて五輪テストレースのハーフマラソンが行われた。選手たちには万全のチェックが行われ、観戦自粛も呼びかけられていたが、結果的にレース後に感染者が急増している。

テストレース感染者増の因果関係は不明だが、レースの前から、感染のさらなる拡大につながるのではという懸念もあっただけに不気味だ。はたして五輪本番は大丈夫か。同じようなことが起きかねない不安があることを見せつけたともいえそうだ。<J-CASTトレンド>

頼みの綱はワクチン接種だが