首都高でもとりわけ複雑な「箱崎JCT」を含む区間が、開通50周年を迎えました。「キング・オブ・ジャンクション」とも呼ばれる箱崎の異様は、なぜ誕生したのでしょうか。実はここ、かつては「ミニ成田空港」とも言うべき場所の一端でした。

「ジャンクション界のキング」首都高・箱崎

首都高のC1都心環状線から常磐道方面へ延びる6号向島線、その途中の両国JCTから分岐して千葉の京葉道路へ向かう7号小松川線が、2021年4月で最初の開通から50年を迎えました。

6号線は江戸橋JCTでC1から入ってすぐ、9号深川線が交わる箱崎JCT、そして両国JCTと、分岐が連続します。首都高のなかでも複雑な区間であるのか、乗りものニュース2020年4月に実施した「高速道路JCTで進む方向を間違たことはありますか?」というアンケートでは、回答した451人のうち最多となる14人が、全国の数あるJCTのなかから「箱崎」と答えています。

そのような回答になるのもうなずけるところです。というのも、箱崎JCT高速道路に関する書籍や写真集で、「キング・オブ・ジャンクション」「ジャンクション界の王様」などと呼ばれるほど、一見して複雑な構造をしているからです。

箱崎JCTは本来的には、6号線に対して9号線がY字型に接続する首都高でよくあるタイプJCTですが、このY字の根本部分を地上から見上げると、両路線をつなぐ4本のランプのほかに2本、計6本のランプが折り重なるように分岐しています。その下段の2本は、9号線とJCT直下の「箱崎ロータリー」をつないでいます。

箱崎ロータリーとは、周回が可能な一方通行の楕円形ロータリーに浜町・清州橋・箱崎という地上に通じる3つの出入口、6号線および9号線との接続路、そして箱崎PAをひとまとめにした施設です。

さらにその中央部および下層階は東京シティ・エアターミナル、通称「T-CAT」と呼ばれるバスターミナルを主軸とした建物になっています。なお、箱崎ロータリーはT-CATの3階部分にあたります。

ごくかんたんに言ってしまえば、JCTの下に、もうひとつJCTバスターミナルがあるようなもの、でしょうか。市街地の極めて小さなスペースに、これほどの道路構造物や施設が凝縮しているのは、他に類を見ません。

この「箱崎」の異景、なぜ、どのように誕生したのでしょうか。

川が変貌した「ミニ成田空港」?

6号線は当初、江戸橋JCTから人形町などを経由してまっすぐ北東へ向かうような線形で計画されましたが、民地を避けるべく、日本橋川や箱崎川の空間を活用し南へやや迂回する現在の線形に変更されています。現在の箱崎JCT前後の区間は、高架下も埋め立てられて地続きとなっているものの、もともとは水路だったのです。

さらに、1966(昭和41)年に成田空港の建設が閣議決定され、1968(昭和43)年、T-CATの建設が決まったことで、箱崎ロータリーが設けられることになりました。

いまでこそT-CATは、バスターミナルのほかに飲食店や貸会議室などが入居していますが、かつては、ここで成田空港の搭乗手続きや出国審査も済ませてバスに乗り、空港でそのまま飛行機に乗ることができたのです。

東京シティ・エアターミナルことT-CATは、成田空港の機能を分散する目的で建設された、いわば「ミニ成田空港」だったのです。ロータリーやターミナル内の車路を通じて、バスは一般街路へ降りることなく発着できました。

つまり箱崎JCTの複雑な構造は、成田空港アクセス拠点を担ったことで誕生したもの、というわけです。成田空港に鉄道が乗り入れたのは1991(平成3)年のことで、それまでは、東京空港交通のリムジンバスが空港アクセスをおもな手段でした。

しかし2001(平成13)年に発生したアメリカ同時多発テロ事件の影響により、T-CATでの搭乗手続き業務は終了し、いまでは純粋な「バスターミナル」になっています。

なお、6号線と7号線の建設経緯や古い写真などは、首都高速道路の特設サイトでも見ることができます。

地上から見た箱崎JCT。6本のランプ橋が折り重なるように渡されている。被写体としてのJCTの代表格(画像:写真AC)。