将棋の叡王戦本戦トーナメント1回戦が5月16日に行われ、稲葉陽八段(32)と佐々木大地五段(25)が午前10時から対局を開始した。勝者は澤田真吾七段(29)と準々決勝で対戦する。

【中継】叡王戦 本戦トーナメント 稲葉陽八段 対 佐々木大地五段

 稲葉八段は、2008年4月に四段昇段。竜王戦1組(1組:5期)、順位戦B級1組(A級:5期)。名人挑戦歴があるほか、一般棋戦では銀河戦、NHK杯テレビ将棋トーナメントで、それぞれ1回優勝経験がある。

 佐々木五段は、2016年4月に四段昇段。竜王戦6組、順位戦C級2組。タイトル挑戦や棋戦優勝の経験はないが、2018年度には最多勝利賞、2019年度には最多対局賞を受賞した。

 持ち時間は各3時間で、振り駒の結果、先手は佐々木五段。ABEMAではこの対局を終了まで、生放送する。
ABEMA/将棋チャンネルより)
稲葉陽八段 対 佐々木大地五段 ベスト8入りかけ対局開始/将棋・叡王戦