先日、IOC国際オリンピック委員会)が開いたオンライン会見に、記者を名乗った男性が「NO OLYMPICS in TOKYO」と書かれた横断幕を掲げ、「五輪はいらない!」と叫び続けるという「事件」が発生しました。

IOCマークアダムス広報部長があわてて男性の映像を打ち切ったものの、すでに後の祭り。世界中の記者がリアルタイムで「事件を目撃」したうえに、録画映像が世界中に拡散してしまいました。

IOCが必死で「なかったこと」として隠したい乱入事件。じつは、今夏の東京オリンピックパラリンピックの行方を左右する潮目になるかもしれません......。

「五輪はもういらない!」乱入した「ヤフー記者」?

世界中で新型コロナウイルスの感染が収まらないなか、東京五輪パラリンピックの開催についてIOCがどういった見解を述べるのか......。この日の会見には大きな注目が集まっていました。

会見に出席したIOCマークアダムス広報部長が「超強気」の発言を繰り返すなか、会見の最後に質問の機会を得た男性が、質問の代わりに「NO OLYMPICS in TOKYO 2020」と書かれた黒い布を掲げながら、「オリンピックはいらない」と声を上げ続け、会場が騒然となりました。

Anti-Olympics protester crashes IOC news conference
オリンピック反対活動家が、IOC記者会見に乱入した:米国USA TODAY

海外メディアの報道によると、リモート記者会見に参加していた「乱入者」は、「ヤフー記者のデイビッド・オブライエン」という名で会見へのアクセス権を得ていたそうです。

質問の機会を得たとたん、「No Olympics in Tokyo 2020」と書かれた布を頭上に大きく掲げて、次のように叫びました。

No Olympics anywhere
オリンピックはいらない!)

We don't want the Olympics anywhere
(我々はオリンピックなんて望んでいない!)

No Olympics in L.A no Olympics in Tokyo!
ロサンゼルスにも東京にもオリンピックはいらない!)

じつはこの男性は記者ではなく、ロサンゼルスオリンピックに反対する活動家だと判明しました、男性が叫んだことばからもわかるように、東京五輪の開催だけに反対しているわけではありません。

五輪反対の活動家がどうやって会見に乱入できたかは謎ですが、オンライン会見はリアル記者会見と比べてセキュリティが甘いのでしょう。コロナ禍での五輪開催に強行にこだわるIOCが、皮肉にもコロナ禍のとばっちりを受けたとは......。ちょっとだけ溜飲が下がります。

強行策が裏目に?「傲慢なIOC」のイメージが拡散

このIOC会見乱入事件が、開催が目前に迫っている東京五輪パラリンピックに影響を与えないかというと、そうでもなさそうです。海外メディアの動きを見る限り、「乱入会見」をきっかけに、IOCの強硬な姿勢を公然と批判する記事が目立ってきました。

私もマークアダムス広報部長の会見の様子を報じる記事を読みましたが、その強気ぶりにはあきれるばかり。開催地・東京の住民としては驚きを通り越して悲しくなるようなコメントが次々と繰り出されました。

IOC says negative public opinion is no threat to Tokyo Games
(IOCは、東京五輪開催に否定的な日本の世論は脅威ではないと語った:AP通信)

会見で、世論調査によると、日本国民の大多数が今夏の東京五輪開催に反対か延期と応えていることに関して、アダムス氏は「We listen but won't be guided by public opinion」(世論に耳を傾けるが、世論に導かれることはない)と発言。

さらに、

「(東京五輪が開催されることは)日本の人々に自信を与えるだろう」
IOC独自の調査によると、日本の人々は東京五輪の開催を望んでいる」
といった驚きのコメントを次々と発しているのです!

おそらく、IOCが接している日本政府や組織委員会らの関係者がこういった情報を提供しているのでしょうが、あまりにも人々の命や心配する声を軽視する対応に、各国メディアが批判的に報道し始めました。

会見に乱入した五輪反対の活動家とその仲間は、その後ツイッターで「IOCの会見をクラッシュ(粉砕)してやったぜ!」と投稿したそうです。会見への乱入は、「ロサンゼルス五輪開催反対」が目的だったかもしれませんが、IOCに与えた打撃は予想以上に大きかった様子。東京五輪をめぐる潮目が変わってきたかもしれません。(井津川倫子)

IOCが海外メディアの激しい批判にさらされている