画像はイメージ

[かんさい情報ネットten.―読売テレビ2021年5月3日放送の「気になるアレどうなっten!?」のコーナーでは、コロナ禍で注意すべきことを防犯の専門家らが解説していました。

防犯ジャーナリスト梅本正行さんからの注意点は次のようなものです。

(1)宅配やデリバリーが増え、宅配業者を装った犯罪者や「置き配」を狙う犯罪者に注意する。
(2)感染を避けてレンタカーなどが増え、不審車両を見分けにくいため注意する。

もし不審者不審車両を見かけたら「会釈をする」だけで抑止効果が高くなるそう。

ワクチン詐欺の電話も

コロナ禍でのワクチン詐欺にも要注意です。

防犯アドバイザー・京師美佳さんによると、実際に相談を受けた内容には「優先的に打てるので予約金10万円を振り込め」「接種の手続きをするので手数料1万円を振り込め」といった不審な電話があったということです。

画像はイメージ
「(新型コロナワクチンは無料です。お金の話が出てきたら詐欺なので、電話を切って無視してください」

とのことでした。

番組では他にも防犯の専門家の意見を取り入れてリフォームした集合住宅の紹介もしていました。

管理者が行う対策以外にも「ベランダにカメラを取り付ける」「窓が開いたら大きな音の出るセンサーを付ける」など個人でできる対策もあるとのことでした。みなさんどうぞお気を付けください。

(ライター:まみ)

画像はイメージ