大量の煙が上がるビル5階の窓から、1匹の猫が飛び降りる瞬間をカメラが捉えた。火災が発生し逃げ遅れてしまったと見られるその猫は、逃げ場がないことを悟ったのか覚悟を決めて大ジャンプしたのだ。着地した際にはよほどの勢いだったようで、バウンドする様子もカメラに収められている。詳細を『The Guardian』などが伝えた。

米イリノイ州シカゴにて今月13日、ビルで火災が発生し、現場で消火作業にあたったシカゴ消防署はTwitterに当時の様子を捉えた動画を投稿した。

動画には、ビルの5階部分から煙が上がる様子が映っている。炎は見えないが窓や外壁が剥がれ落ちており、内部では激しく燃えていることがうかがえる。

そして30秒ほど経つと、右側に映る室外機の隣の部屋から突然、黒い猫が飛び降りたのだ。5階という高さを飛び降りるには猫も覚悟が必要だったはずで、目撃者たちの悲鳴も聞こえる。

猫が落下した先にはコンクリートの塀があり、そこに衝突して大けがをしていた可能性もあったが、幸いにも着地した先は芝生になっており、猫はその足で無事に地を踏みしめることができた。

動画を見ると猫はあまりの勢いにバウンドしているが、ふらつく様子もなくそのまま走り去っていた。

当時、現場にいたという同消防署の広報担当であるラリー・ランフォードさん(Larry Langford)は「飛び降りた猫は近くにあった私の車の下に走り込み、休んでいる様子でした。数分すると車の陰から出てきて、塀を登って戻ろうとしていましたよ」と猫の様子を明かした。

その後、猫にケガが無いことが確認され、現在は飼い主を探しているという。また火事による死傷者も今のところ報告は無く、火災の原因について調査が行われている。

猫の決死の大ジャンプを見た人々は驚いたようで、「見事な着地だ」「こんなことあり得るのか!?」「この猫は伝説になるぞ」「この猫は忍者のモデルなんじゃないか?」といった書き込みが見受けられた。

画像は『Chicago Fire Media 2021年5月14日TwitterNine lives for a cat that jumped from fire at 65th and Lowe.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト