驚くほど軽く引けると話題のテープのりピットエアーに手のひらサイズの詰め替え用が新たに加わった。ペンケースなどにも収まりやすい大きさで、テープのりが必須という人には詰め替え用はとても経済的だ! 詳しくご紹介しよう!

 

進化したテープのり「ピットエアー」を使ってみよう!

トンボ鉛筆のテープのり『ピットエアー』の最大の特徴は最後まで驚くほど軽く引ける点だ。今までのテープのりは、引き始めにギュッと紙面にあて、適度なスピードで引かないとテープのりが綺麗に密着しなかったり、テープ残量が少なくなると余計に引きにくくなったり…、そんな悩みを感じていた。

しかし、『ピットエアー』はそれらの悩みを解消! テープ走行をコントロールするトンボ鉛筆独自の機構「エアータッチシステム」(特許取得済み)を採用。ヘッドが紙面に触れる力を利用して「テープ走行(ロック解除)」、ヘッドが紙面から離れると「テープ停止(ロック)」させてのり切れをよくしている。この機構により、従来必要だった抵抗を大幅に低減できたため、軽い引き心地を実現できたそうだ。

 

テープのりを持ち歩いてよく使う人には、コンパクトな詰め替えタイプを!

ドイツの国際デザイン賞「reddeot design 2021」受賞

シリーズに新たに仲間入りしたのが、コンパクトで詰め替え可能になったピットエアーミニ つめ替えタイプ』(テープ幅6㎜・容量11m・希望小売価格 税込319円・2021年3月11日発売)。もちろん「ピットエアー」の今までの機能はそのままだ。

プリントやメモをノートに貼ったり、レシートなどを貼って家計簿をつけたり。毎日いろんなシーンでテープのりを使うという人にはぴったり!

テープ幅6㎜、容量11m。

小さめの女性の手のひらにすっぽりと収まるサイズ感。重さは約21g(※記者調べ)で軽くてコンパクト

 

携帯しやすいポイント! ヘッドをすっぽり覆うカバー付き!

ペンケースなどに入れておきやすいように、フルカウルヘッドカバーがついている。

テープのりの部分全体を覆うカバーで、携帯するときのゴミの侵入を防いでくれる。

カバーコンパクトになりピタっと本体に留まるので、使用するときは手にあたらず、作業の邪魔にならない。本体に一体型だから、紛失の心配がないのもいいところ。

テープを引く時、本体が傾いてもヘッドがぴたりと紙面に密着するよう、角度を補正するフレキシブルな「エアーフィットヘッド」。だれでも簡単に、ムラなく均一にのり付けできる。

 

また、独自開発の網目形状「パワーネットテープ」により、強い粘着力とスムーズな切れ味もポイント。厚みのある封筒の端も剥がれづらく、大事な書類の送付やしっかり貼りたいプリントにも安心して使用できる。

ちなみに、詰め替え方も簡単だ。横にあるボタンを押すとカバーがパカッと開く。

あとは、中身を真上に取り出して交換するだけ!

テープがたるまないように、カートリッジの中央付近を持つのもポイント

つめ替え用のテープ(テープ幅6mm・容量11m)は希望小価格 税込231円で発売中。

 

定番カラーから、人気のパステルカラーまで! 好きなカラーの文具を持とう!

カラーバリエーションも豊富!

(左から)定番のスタンダードブルーピンク

そしてこちらが数量限定となる、(左から)グリーンピンクパープルピンクブルーピンク。流行のパステル系のグラデーションカラーだ。

限定カラー可愛い雰囲気。持ち物のコーディネートを楽しんでみて。

 

カチカチ音が響きにくい! 静かな場所でも使いやすい静音設計!

従来のテープのりにあった「カチカチカチ…」という走行音を2分の1に低減(従来品比)。図書館や自習室など、音が気になる場所でも使いやすい。

テープのりは均一に綺麗にのりがつくので、プリントやメモを貼り合わせたい時などピタっとキレイ。ノート作りや手帳などに活躍する。

 

使うシーンに合わせて、自分好みのサイズと機能を!

現在は(左から)『ピットエアーミニ 使いきりタイプ』(容量10m)、今回ご紹介している『ピットエアーミニ つめ替えタイプ』(容量11m)、『ピットエアー つめ替えタイプ』(容量16m)を発売中。ピットエアーミニは、使い切りタイプとつめ替えタイプともにテープ幅は6㎜。容量16mのピットエアーはテープ幅8.4㎜となっている。それぞれの使うシーンに合わせて選んでみて。

直感的にスッと軽い力で引けるので、作業がストレスフリーに! 『ピットエアーミニ つめ替えタイプ』は、に全国の文具店や量販店で発売中。ぜひチェックしてみて!

 

発売を記念してTwitter投稿キャンペーンも実施中!【5/31まで】

ノートや手帳に! コンパクトで経済的なテープのり『ピットエアーミニ つめ替えタイプ』を使おう!