image:秒刊SUNDAY

ドラクエウォークに以前から噂されておりました新機能が、ついに実装されました。そう、その機能とは「錬成」と呼ばれる、武器を強化したり、新たな機能を追加したりすると言った、今までで言う「錬金釜」のようなもの。いや…実はそうではなかった。錬金釜相当と勝手にプレイヤーは想像していたのですが、実は似て非なる全くの別物だったのです。

錬成とは

image:秒刊SUNDAY

さて本日15:00に実装された「錬成」。その言葉の響きから、以前からポツポツと噂になっていた「錬金釜」ではないかと噂されていたのだが…実際はちょっと違った。いや、だいぶ違った。

錬成は、特定の武器に経験値を持たせ、一定の経験値に達し、かつ錬成アイテムゴールドなどを使うことにより、武器をパワーアップさせることが出来る。

例えば、「ロトの剣」であれば「ギガスラッシュ」を「ギガスラッシュ改」とし、与えるダメージを増やし、同時に消費MPも増えると言った具合。

実は現在「ロトの剣」は、シリーズを代表する剣でありながら、次々と新たなる武器が登場し、その強さもインフレ。それによりだいぶショボい剣となってしまっていたのだ。

それを回避すべく、この「錬成」があったはずだったが、その改良された「ロトの剣」のスペックがあまりにもショボかった。

改良しても「はぐれメタルの剣」には叶わず

image:秒刊SUNDAY

さて「ロトの剣」を改良すれば、きっとそれに似た後発の「はぐれメタルの剣」を超えるはず…そう誰もが思ったが、残念ながらそうならなかった。

具体的に言えば以下のようなスペックになった

ギガスラッシュ230% → 改良後 ギガスラッシュ改:255
はぐれメタルの剣:はぐれ雷光絶火:280%(無改良)

つまり、被ダメージは微々たるもので、言ってしまえばそんなに変わらない。しかもこの「ロトの剣」を使い続け、経験値を貯めなければ改良出来ず、非力なロトの剣でレベル上げをするのはかなり苦痛。

であれば、最新の武器を利用したほうが、錬成する必要もなく、遥かに効率は良い。

ちなみに現時点で改良は4段階あり、最終段階に達すると、なんと「剣」に特別なエファクトがかかる(ダメージには影響しない)…。

ネットでも落胆の声

ネットでも今回の「錬成」に関し落胆の声が広がっている。

・酷すぎる性能です。。。
・何より、はぐれ雷光絶火以下の威力は残念
・せっかく良いシステムなのに期待外れでしたね(..)
・改4なんてあきらかにいらんだろ
・もっとロトの剣に愛情を持って欲しい

また、ドラクエウォークの廃課金ユーチューバーTEMAKI氏も「ディスりたくないけど、残念」などというYouTubeを投稿している。

とはいえ、錬成の機能はまだ登場したばかり。

これで終わるわけがなく、きっと何かしら隠し玉を持っているハズ。要するに、錬金釜と同じ機能になるための、第一段階であり、今を見るのではなく、今後を見据え、温かく見守るしかない。

次々と登場する武器は全てが高性能で高い攻撃力。そして美しい演出。

果たして竜王をも倒した伝説の剣「ロトの剣」が本当の意味で輝くことができるのだろうか。

参照:ドラクエウォーク公式



画像が見られない場合はこちら
ドラクエウォーク、新機能「錬成」の仕様が酷すぎて大炎上、あのユーチューバーもディスる始末