世帯年収1000万、子ども2人家庭は余裕なし?

世帯年収1000万、子ども2人家庭は余裕なし?

世帯年収1000万円あれば、子どもを育てること自体は可能だ。キャリコネニュース読者の中にも、同程度の収入で子どもが何人もいるという人は少なくない。では、子ども2人の場合はどのような生活感なのだろう。40代男性は

「生活に不満はないが、税金が高すぎる。子どもの教育資金や老後を考えると不安で貯金する努力ばかりで生活は質素」(東京都/その他)

と語っている。今回は、「世帯年収1000万円」「子ども2人」の回答に限定し、生活感と収入に対する不満を紹介しよう。(文:林加奈)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「高い税金を払うために働いているようなもの」

40代女性は、「子どもたちに習い事など複数習わせられていること」を満足している点として挙げている。しかし不満な点も多く、

「住宅ローン子どもたちの教育費の貯蓄、老後の貯金で全く余裕はない。税金は高く、子ども手当も満額もらえず5000円、私立高校の無償化の対象にもならず、休む暇もなく働いているのに、公的な恩恵は受けられない。高い税金を払うために働いているようなもの」(埼玉県/その他)

と憤る。生活感については

コロナで仕事が少なくなり、去年のパート収入が40万円ほど減ったが、休業補償もなく、今現在も仕事が減ったままなので、老後貯金を一時的にストップ。教育貯金を減額し、さらに今まで貯めていた老後貯金を切り崩して生活している。節約のため、夫婦の服は買わないようにしているので、10~15年以上前から持っている服を大事にしている」

という。他にも「毎月キツキツの生活をしている。年収が増えても余裕はほとんどない」(静岡県/40代女性/金融・保険系)というように、子ども2人を育てている家庭では余裕がないとする回答がほとんどだ。

「子育て支援によって保育料2人目が無料に。その分貯蓄に回せている」

その一方、今の収入と生活感に満足している人からの回答が寄せられた。兵庫県明石市在住の40代女性は次のように語る。

「貯金しつつ、量より質でほしいものを購入している生活。安物買いの銭失いはしたくないので、買うものは選びます。不満な点は明石市の学力が地域により二極化している点。また、シングルマザーや貧困層も増えているため格差が大きくなっている」

兵庫県明石市と言えば、独自の子育て支援が話題となり、小さな子を持つ親からの支持を得て人口増につながっている。女性も「転勤族や移住が増えているからと思われる」と格差の原因を分析している。

それでも市独自の子育て支援にはやはり満足しているようで「5年ほど前から第2子保育料無料になった。かなりの保育料を支払っていたため、それをすべて貯蓄に回せた。今後も喜んで税金を払うつもり」と語っている。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」共働き・片働きの不満などのアンケートを募集しています。

—–

【あわせて読みたい】
世帯年収1300万円、30代男性の生活「持ち家を購入して以来、昼は弁当持参。週末の外食も1人1000円以下」
世帯年収400~600万円の生活「スーパーで半額惣菜、見切り品のお肉や野菜しか買えません」

世帯年収1000万円、4人家族の生活感「15年以上同じ服を着ている」「毎月キツキツの暮らし」