俳優の阿部寛さんが主演を務めるドラマドラゴン桜」(TBS系)第4話が2021年5月16日に放送された。阿部さん演じる主人公・桜木建二が、東大を目指す生徒の保護者へ放ったセリフに、感銘を受ける視聴者が続出している。

「うちの菜緒ちゃんが東大なんか受かるわけない」

ドラマは、週刊漫画誌「モーニング」(講談社)で連載された三田紀房さんによる「ドラゴン桜2」を原作に実写化主人公は、偏差値30台の落ちこぼれ高校から東京大学合格者を輩出する元暴走族弁護士・桜木建二(阿部さん)で、2005年に放送されたドラマドラゴン桜」から15年後を描いた続編だ。

第4話では、「東大専科」の生徒である瀬戸輝(「King & Prince」高橋海人さん)が、亡き両親が残したヤミ金返済に向け、学校を休んでまでバイトに明け暮れる。桜木の元教え子で助手の水野直美(長澤まさみさん)や東大専科の仲間は心配するが、桜木は勉強に集中するように告げ、ITを活用した勉強法を伝授。各々が苦手克服にまい進する――といった展開が描かれた。

そんな中、東大専科の生徒・早瀬菜緒(南沙良さん)と天野晃一郎(加藤清史郎さん)は東大を目指して勉強していることが母親にバレてしまう。桜木に抗議にやって来た2人の母親は、

「うちの菜緒ちゃんが東大なんか受かるわけない」

うちの子(天野)は中学受験で失敗してこの高校に来ました。高校でも同じ失敗をさせたくない」

と主張し、「(自分の子どもを)もてあそんでいるのでは」とものすごい剣幕で桜木に詰め寄る。

「桜木先生の言葉は、大人にも突き刺さる」

すると桜木は、生徒たちを同席させ、「もてあそんでいるつもりは微塵もありません。私はマジです」と断固否定。東大専科へ立候補した菜緒と天野の気概を褒めた上、東大受験を親に黙っていろと指示した理由について「子どもたちが持つ強い意思を壊すもの、それは親の否定です」とし、

「受験にとって一番の敵は『受からない』という先入観...、固い考えです。そしてそれを一番植えているのが親なんです。ご自分のお子さんを信じてあげられますか?」

と、受験のみならず何かに挑戦する子どもに対して親のあるべき姿勢を説くのだった。

桜木の熱意ある言葉に対し、視聴者からは

「『なんだこんな親 最低だ!』と思って見ていたけど、少なからず自分にもそんな言動があるんじゃないか? と考えさせられたよ 桜木先生の言葉は、大人にも突き刺さる」
「桜木先生の圧倒的なリーダーシップ、親としてもいつも大変参考になります。 自分の子供を肯定し続ける、信じ続けるって本当に大変なんだよね。でも、やろうと思う!」
「桜木先生に怒られた気分ですぅ 反省しますぅ 子供を否定しないように... 家庭の10ヶ条 あぁ?我が家は反省点ばかりだぁ」
「心配はしても否定とは違う。子供のこと1番わかってるって思ってるけど、1番わかってるのは子供自身だろってなるやつ」
「これは親だけでなく上司も同じ。自分の想定の範囲に、一番の選択があると思いがち。しかしその考え自体が可能性を潰す。育成とは自分以上に育てること。そう信じきることが部下のポテンシャルを最大化させることだと学んだ」

などと反響を呼んでいる。

阿部寛さん(2017年撮影)