ポケモン公式Twitterアカウントポケモン情報局」は、「もしポケモンの世界に口コミサイトがあったら」として、架空の「モンスターボール」の口コミレビュー画像を公開。モンスターボールを口コミサイト風に紹介した。

(画像はTwitter「ポケモン情報局」より)

 口コミサイトとは、商品や店舗、サービスなどについてユーザーがその評価の良し悪しをレビューできるWebサイト。飲食店などを対象とした「食べログ」や、家電・電子機器を対象とした「価格.com」などがある。

 今回、公開された画像では、架空のオンラインストアを模したものに「モンスターボール」が販売。Amazonなどで見られる「Amazon’s choice」のような、そのストアが独自で商品をおすすめする「Trainer’s Choiceというマークがついている。
 そこでは架空のユーザーレビューが掲載されており、モンスターボールといえばこれ!」シンプルイズザベストなどの絶賛するものから、「値段相応」と冷静に評価する人、「すぐにポケモンが出てくる、無料にすべき」と辛辣なユーザーレビューが並んでいる。

 ポケモン情報局は、実際のユーザーにも架空の口コミを呼びかけたところ、ユーザーから「言葉使いが怪しいレビュー」から、「過激ポケモン愛護家風レビュー」などが寄せられ、賑わいを見せた。

ポケモン情報局Twitterアカウントはこちら
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter@fukuyaman