【元記事を音楽ナタリーで読む】

Appleは同社の音楽配信サービスApple Musicにて、6月からドルビーアトモスによる空間オーディオを導入するとともに、ロスレスオーディオを提供することを発表。サブスクリプション登録者は追加料金なしでこれらを利用可能となる。

立体音響技術・ドルビーアトモスによる空間オーディオは、多次元サウンドと鮮明さを備えた臨場感あふれるオーディオ体験を作り出す機能。利用にはH1またはW1チップを搭載したAirPodsBeatsヘッドフォン、最新バージョンiPhoneiPadMacの内蔵スピーカーが必要で、提供がスタートすると数千曲を空間オーディオで楽しむことができるようになる。Apple Musicではドルビーアトモス対応の曲を常に追加し、リスナーが見つけやすいようにドルビーアトモス対応のスペシャルプレイリストもキュレーションする予定。またドルビーアトモス対応のアルバムは詳細ページにバッジが表示される。

空間オーディオと併せて、7500万曲以上の楽曲のロスレスオーディオの利用が可能に。ロスレスオーディオフォーマットALAC(Apple Lossless Audio Codec)で、サブスクリプション登録者はアーティストスタジオで制作した品質で楽曲を再生可能となる。

Apple Music再生画面