モデルプレス=2021/05/18】俳優の吉沢亮が、8月6日に公開されるアニメ劇場版僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』に声優として出演することが決定。劇場版オリジナルキャラクターを熱演する。

【写真】“吉沢亮が演じた中で好きな役”ランキング

2014年7月より週刊少年ジャンプ集英社刊)にて連載がスタートし、既刊30巻のコミックスシリーズ世界累計発行部数は5000万部を突破。さらにこれまでTVアニメ1期~4期が放送され、現在TVアニメ第5期が毎週土曜夕方5時30分から放送中の人気作品「僕のヒーローアカデミア」(原作:堀越耕平)。

舞台は総人口の約8割が超常能力“個性”を持つ世界。事故や災害、そして“個性”を悪用する犯罪者・敵(ヴィラン)から人々と社会を守る職業・ヒーローになることを多くの若者が夢見る中、“無個性”で生まれた主人公緑谷出久が、最高のヒーローを目指してヒーロー輩出の名門校で成長していく姿を描く物語は多くの共感と興奮を呼び、北米・ヨーロッパアジアと世界中で人気を誇っている。

映画シーンにおいても2018年夏にアニメ劇場版第1作目「僕のヒーローアカデミア 2人の英雄(ヒーロー)」が公開され興行収入17.2億円のヒット、さらに2019年冬公開の第2作目「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング」では前作を越える興行収入17.9億円と右肩上がりのヒットを続け躍進している。そして今回、待望の劇場版第3作目『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』が8月6日に公開される。

吉沢亮、声優決定に「色んな所でヒロアカ愛語って良かった!」

今回、劇場版オリジナルキャラクター、ロディ・ソウルを吉沢が演じることが決定した。吉沢は、映画「キングダム」(2019年公開)で、第62回ブルーリボン賞・助演男優賞、第43回日本アカデミー賞・最優秀助演男優賞を受賞。現在放送中のNHK大河ドラマ青天を衝け」では渋沢栄一を好演し、話題に。「キングダム」や「銀魂」など漫画原作の実写化作品で演じるキャッチ―なキャラクターから、重厚感のある偉人まで幅広い役柄を演じ、老若男女問わず人気を集めている。

そして、2019年公開のアニメーション映画空の青さを知る人よ」(2019年公開)で主人公・金室慎之介を少年期と青年期で演じ分け、アニメーション初出演とは思えないその演技は観賞者はもちろん、各方面で高い評価を受けた。元々、「週刊少年ジャンプ」連載の原作やTVアニメで“ヒロアカ”を追いかける“ヒロアカファン”であると公言していた吉沢は、「大好きなヒロアカ。その世界に自分も存在できるという事実に相当興奮してます。色んな所でヒロアカ愛語って良かった!届いた!計画通り!」と喜びのコメントを寄せている。

現在開催中の原画展「僕のヒーローアカデミアDRAWING SMASH」に取材で訪れた際も、「ヒロアカは本当に泣ける!」「デクが努力して少しずつ強くなっていくところがかっこいい!」と数多く並ぶ原稿や展示物に釘付け。特にファンの間でも名シーンとされている雄英高校・体育祭でのデクと轟の対決シーンの原稿を発見した際は「これ!このシーンで号泣した!!」と興奮を隠せない様子で“ヒロアカ愛”を炸裂させた。

吉沢亮オリジナルキャラクター“ロディ・ソウル”を演じる

吉沢が演じるロディ・ソウルは原作者の堀越耕平氏がデザインの原案を手がけた劇場版オリジナルキャラクター。デク・爆豪・轟の3人が降り立つ地・オセオンのトレーラーハウスで暮らす少年で、ある事件をきっかけにデクたちと行動を共にする。お調子者でひょうひょうとした性格だが、本心は誰にも明かさずヒーローに対してすら不信感を持っている、どこか影のある存在。ストーリーの鍵を握る重要なキャラクターを、確かな実力と“ヒロアカ愛”で魅力的に演じる。(modelpress編集部)

吉沢亮コメント

この度『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』にて、ロディ・ソウル役で参加させて頂くこととなりました。大好きなヒロアカ。その世界に自分も存在できるという事実に相当興奮してます。色んな所でヒロアカ愛語って良かった!届いた!計画通り

情熱とユーモア溢れる素晴らしい世界観を壊さぬよう、至らぬところだらけではございますが、しっかりキャラクターを落とし込んで挑みたいと思います。どうぞお手柔らかに。

劇場版僕のヒーローアカデミアストーリー

世代を経るごとに深く混ざりあった“個性”が人類史を終焉に導くとする思想:個性終末論を掲げ、“個性”を「病」と称しながら、世界中の“個性”保持者の殲滅を目論む謎の集団・ヒューマライズ。
彼らが世界各国に仕掛けた、“個性”を強制的に暴走させ崩壊に導く爆弾:個性因子誘発爆弾(イディオトリガーボム)から人々を救うため、全世界のプロヒーローと、その下でインターン中だった雄英高校ヒーロー科が招集され、世界選抜ヒーローチームが結成。各地で爆弾の回収任務にあたっていた。

エンデヴァー事務所でインターン中だった出久・爆豪・轟の3人も、日本から遠く離れた国・オセオンで作戦行動中、とある事件に巻き込まれた出久が、なんと全国指名手配されてしまう。そんな中、ヒューマライズからの犯行声明が全世界に届く。

タイムリミットは今から2時間」

ヒロアカ史上最大の危機を前に、世界の、そしてヒーロー達の未来が、“彼ら”に託された。

Not Sponsored 記事】

吉沢亮(C)2021「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会(C)堀越耕平/集英社