先日、入管庁の収容施設のひとつである名古屋入管で、スリランカ人女性の収容者ウィシュマ・サンダマリさんが死亡したことが国会でも取り上げられている。

 ウィシュマさんは留学生ビザが失効したことで、2020年8月に収容された。収容施設内で体調悪化に見舞われ、体重が20kg減り、全身の痛みを訴え、吐血した。しかし、ビタミン剤と痛み止めを処方されただけで実質的には放置され、2021年3月6日に亡くなった。

◆東京入管の収容施設で起きた、スリランカ人男性の死亡事件

 この痛ましい事件は各マスコミが取り上げている。筆者が伝えたいのは、それ以前に起きた、もう一つのスリランカ人の死亡事件だ。

 7年前の2014年、東京出入国在留管理局(東京都港区。以下、東京入管)に収容されていたスリランカ人男性のニクラスフェルナンドさんが“謎の死”を遂げた。それも収容されてからわずか5日後の死亡である。

 2020年8月、共通の知人を通じてニクラスさんの息子のジョージさんから「どうしても話を聞いてほしい」との連絡があった。彼は父の死を今も納得できないでいる。

 だが国賠訴訟などで裁判に訴えようにも、すでに時効の3年は過ぎている。せめて世間に知らしめたい……。その一念で筆者にコンタクトしてきたのだ。

◆政治的対立に巻き込まれ、殺害予告から逃れて来日

 ニクラスフェルナンドさん、そして息子のジョージさんとその弟は、スリランカではUNP(United National Party。統一国民党)という、かつてはスリランカでの二大政党の一つだった党の支持者だった。

 だが2014年、反UNPの関係者が自宅を急襲して、一家は暴行を受ける。同時に殺害予告も受けた。政治的な対立に巻き込まれたのだ。

 2014年3月20日、身の危険を感じたジョージさんは日本大使館から観光ビザを取得し、妻と一緒に来日した。日本に来た理由をジョージさんはこう語る。

スリランカで、申請してから1週間以内にビザを取れるのは日本だけです。できるだけ早い出国を望んでいたので日本を選びました」

 来日から3週間後、ジョージさんは東京入管を訪れ、難民認定申請をした。そして「その結果が出るまで」ということで、就労可能な「特定活動(6か月ごとに更新)」という在留資格を得た。

◆「入管職員に胸ぐらを掴まれ、帰国を強要された」

 8か月後の2014年11月12日、父のニクラスさん(1957年1月9日生まれ)もジョージさんのあとを追って15日間の観光ビザで羽田空港に着いた。しかし入管はスリランカの日本大使館が発行したビザに問題がある。その確認に1週間かかる」として、上陸許可を与えなかった。

 この時ジョージさんは羽田空港に出迎えに行ったが、何時間待っても父は出てこない。ニクラスさんは、羽田の入管施設に収容されていたのだ。

 翌13日、入管の特別審理官が11月14日10時45分発のキャセイ・パシフィック543便を指定しての退去強制令書を発布。だがその当日、ニクラスさんが搭乗を拒否したことで入管は「収容令書」を発布した。これに対して、ニクラスさんは口頭審理を請求した。

 ジョージさんは14日、父に面会に行った。その時ニクラスさんは「入管職員に胸ぐらを掴まれ、帰国を強要された」と語ったという。

 入管の記録によると、16日にニクラスさんは頭痛を訴える。羽田入管は東京高輪病院にニクラスさんを連れていくが、病院は痛み止めと胃薬を処方した。

 同じ16日、スリランカ出身の知人の男性A氏(日本に帰化)に入管が電話を入れる。「ニクラスフェルナンド氏が、口頭審理を請求している。そのインタビューに通訳として立ち会ってもらえないか」と。

 17日、ニクラスさんは東京入管へと移送され、5人部屋をあてがわれた。そして19日、ニクラスさんは、施設内の医療室で「だるさと頭痛」を訴えたが、医療室は「問題ない」として痛み止め以外の処置をしなかった。

 21日、A氏と弁護士の立ち合いのもとに口頭審理が行われた。特別審理官は「今回の対応に誤りはない」と判定し、収容が継続されることになる。

◆「閉まっている」とウソをつき、病院には連れて行かず

 11月22日土曜日。入管はA氏に電話した。

「ニクラス氏が亡くなった」

 この時、死因は告げられなかった。この日に何があったのか。ジョージさんの証言、入管の記録、そして、この件を当時唯一報道したロイター通信の記事を総合すると、以下のようになる。

 この日の午前7時19分、ニクラスさんが「胸が痛い!」と訴えた。7時半、ニクラスさんと同じブロックに収容されていたスリランカ人Rさんが通訳として、ニクラスさんの症状を職員に説明した。そして、「容体観察をする」からと、入管はニクラスさんを一人部屋に移す。ニクラスさんは「病院へ連れて行ってください」と訴え続けた。

 すると入管はすぐにニクラスさんを元の5人部屋に戻した。このときニクラスさんは「やっと病院で治療を受けられるんだ」と安心した表情を同じ部屋の被収容者に見せていたという。

 だが8時16分、行先は病院ではなく、監視カメラ付きの一人部屋(隔離室)だった。隔離室に移される前、ニクラスさんはあまりの胸の痛みに、「私はクリスチャンだからウソはつかない。病院に連れて行ってくれないと死んでしまう!」と、聖書を手に英語で叫んでいたという。

 クラスさんは「病院へ」と入管職員に頼んだが、職員は「今日は土曜日だから病院は閉まっている」とウソをついて断った。

◆亡くなったニクラスさんの額には傷があった

 9時半ころ、職員が部屋の窓から、ニクラスさんが手を洗うのを確認した。その後、うつ伏せで動かなくなったのを「就寝した」と思いこみ、声をかけずにその場を去った。

 13時頃、ニクラスさんを心配したRさんが隔離室を訪れて声をかけるが、返事がない。そこでRさんは入室してニクラスさんに近づくと、大小便を垂れ流した状態だった。その体に手を触れると、すでに冷たくなっていた。そしてこの時、Rさんはニクラスさんの額にまるで壁にぶつけられたかのような傷があるのを見ている。

 驚いたRさんはすぐに職員を呼んだ。

 13時3分、職員が急行。AED装着や心臓マッサージなどの救命措置を行ったが効果はなく、13時20分に救急隊が到着。救急隊は13時44分にニクラスさんを東京都済生会中央病院に搬入した。そして、心臓マッサージや機関挿入による心肺蘇生が実施されたが、15時3分に死亡が確認された。

◆額の傷を、入管は「ストレッチャーが当たった」と説明

 死の翌日、ニクラスさんを解剖した東京医科歯科大学の上村公一医師が作成した「死体検案書」によると、死因は「急性心筋梗塞」。その発症から死亡確認までは約8時間と推測されている。

 死亡が確認されたのは15時3分。逆算すると、午前7時心筋梗塞を発症していたことになる。これは「胸の痛み」を訴えた7時9分とほぼ一致する。

 ジョージさんは、父の遺体が安置されていた湾岸警察署に行った。その遺体を見て驚いた。額に数か所、打撲を受けたような傷跡があったからだ。

 警察は「入管から聞いた話だが」と伝えたのは、「病院から警察に運ばれる時、子どもが道路に飛び込んできて、そのときの急ブレーキストレッチャーが額に当たった」との説明だった。しかし、ストレッチャーが当たるような場所なのかという疑問が残る。

 ジョージさんは「おかしい。急ブレーキが本当だとしても、当たるのは『頭頂部』になる。額のはずはない」と思った。そして後日、Rさんに面会した時に「救急搬送される前にすでに傷があった」と聞いたのだ。

「父は暴行を受けていたのではないか?」

 これがジョージさんのぬぐい切れない疑問だ。

◆「裁判をしなければ、いいように考えてあげる」と入管に言われ時効に

 ニクラスさんの死から、筆者がジョージさんに会った昨年2020年ですでに6年が過ぎている。ジョージさんは一度だけ、父の死後に記者会見を開催したことがある。しかしその後、父の死の真相を明らかにするために入管から資料を取り寄せるなどの積極的な行動は少なかった。

 というのは、自身が難民認定申請者という弱い立場であり、入管からは「入管相手に裁判をしなければ、いいように考えてあげる」との言葉をかけられていた。もしかしたら何かしらの在留資格を受けらえるのではとの希望から、裁判を避けていた。家族(妻と子ども)のために難民認定、せめて在留特別許可を受けることを優先していたのだ。

 だが、2018年8月に難民認定申請も在留特別許可も認められず、自身は「仮放免」、子どもは「仮滞在」という扱いになった。2回目の難民認定申請は2019年2月22日に出している。

 国賠訴訟をしようにも、すでに時効の3年は過ぎてしまって、もう提訴できない。さらに納得できないのは、入管から父のケガや病状などについての説明が未だ何もないことだ。入管は、ニクラスさんが「病院に連れて行ってほしい」と言ったことすら認めていない。

◆時効を迎え、このまま闇に葬られるのか

 ロイター通信の取材に対して、入管は「すでに心筋梗塞もしくはその切迫状態にあったと思われ、医療機関に連れて行くことが必要であったが、その時点での病状判断は難しかった。通訳(Rさん)が正確な通訳をしなかった」と、責任転嫁するような回答をしている。

 ジョージさんには「このまま真相が闇に葬られていいはずがない」との思いが、年々強くなっているという。ニクラスさんの死の直前に「何かが起きた」。それだけは間違いない。

 ジョージさんは、監視カメラの映像などの公開を入管に求めたが、すべて断られている。ニクラスさんの死はこのまま闇に葬り去られてしまうのだろうか。

<文・写真/樫田秀樹>

【樫田秀樹】
フリージャーナリスト。社会問題や環境問題、リニア中央新幹線、入管問題などを精力的に取材している。『悪夢の超特急 リニア中央新幹線』(旬報社)で2015年度JCJ(日本ジャーナリスト会議)賞を受賞。Twitter:@kashidahideki

警察署に安置されていたニクラスさんの遺体。額に傷がある