「“独特な性癖”を持つ少年を治療する技術はない」茨城一家殺傷 精神鑑定の専門家が指摘する少年法の“穴” から続く

「医療少年院を出たからといって、それが100%更生したということを意味するわけではありません。学校などと同じで入所して学ぶことで自覚を持てるかどうかだと思います。結果論にはなりますが、今回の岡庭容疑者は自覚を持つことが全くできていなかったのではないでしょうか。自覚を持った少年たちの中には環境を変えたいと出所後に親元を離れる人も多いのですが、岡庭容疑者の場合は両親がいる実家に戻ってしまった。これにより“巻き戻し”が起こってしまったのかもしれません」(弁護士の大澤孝征氏)

両親の元へ戻ったことが事件の遠因になった可能性も

 2019年9月に茨城県境町の住宅で起きた一家4人殺傷事件で、死亡した夫妻に対する殺人容疑で今年5月7日に逮捕された岡庭由征容疑者(おかにわよしゆき・26)。

 岡庭容疑者は16歳だった2011年11月、猫を惨殺後に連続少女通り魔事件を起こし、殺人未遂容疑で逮捕された過去を持っていた。当時の裁判では、「当初は殺害し、首を持ち帰ろうと思った」「女性を襲うのに性的興奮を感じていた」などと証言。“独得の性癖”を満たすための犯行だったことが明らかとなった。
 

 当時の裁判員裁判で、検察は「再犯の恐れが極めて高い」と指摘し「再犯の防止には刑事処分が必要だ」と主張したが、さいたま地裁は広汎性発達障害の影響や両親の養育環境が動機につながったとして刑事処分を退け、岡庭容疑者には最終的に医療少年院送致で更生を促す判断が下された。岡庭容疑者は2018年に満期で医療少年院を出所し、わずか1年後に再び凶行に及んでしまった。

 注目されるのは「親の責任」の問題だ。岡庭容疑者が通り魔事件を起こした際には、父親も、刃物などの有害玩具を息子に持たせていたことから、青少年健全育成条例違反容疑で書類送検された。さいたま地裁も岡庭容疑者の犯行動機の一つに「両親の養育環境」があったとしている。また医療少年院退所後に、自立できず両親の元へ戻ってしまったことが今回の事件の遠因となったと指摘する声もある。少年法や家事事件、犯罪被害者保護法等に精通し、医療少年院にも足を運ぶ弁護士の大澤孝征氏に聞いた。

ナイフの画像を見ながら「かっこいいからコレクションしたい」

 岡庭容疑者は2011年の連続少女通り魔事件の際、父親に買ってもらったバタフライナイフを使って凶行に及んでいました。父親は、通り魔事件の裁判の証人尋問で、岡庭容疑者にナイフを買い与えた経緯についてこう述べたそうです。

〈(息子が)インターネットオンラインショップナイフを売っているところを見つけ、興味を示すようになった。サバイバルナイフの画像を見せながら『いいなあ、買ってよ』などと言ってきた。『なんで欲しいの』と尋ねると、『かっこいいからコレクションしたい』と。とはいえ、持ち歩くと銃刀法違反になるのはわかっていたので、『外に持ち歩いたりしたら絶対ダメだぞ』などといって、代わりに私の名前で注文し代引で購入していた〉

 この父親は「有害玩具」を子供に買い与えたことから、青少年健全育成条例違反容疑で書類送検されています。

岡庭容疑者の医療少年院での更生プログラム失敗した

 もちろん、一概に子供に何でもかんでも買い与えることがダメだということにはなりません。しかし、子供は親を見て育つもの。まして、日本の場合、「親権」というのはとても強い権利で、滅多なことでは親権をはく奪されることはありません。例えば、増え続ける実親・保護者からの児童虐待案件数に対して、日本で親権停止にまで踏み切った事例はわずかに年間数十件に留まります。だからこそ、親権を持つ者は、その権利を正しく行使しなければなりません。

「親権を行う者は、子の利益のために子の監護及び教育をする権利を有し、義務を負う」(民放820条)とある通り、親は子供のことを見て、良いことをするように教育しなければいけない義務を負っているのです。岡庭容疑者の場合、過去に刃物を使って通り魔事件を起こしたという事実があります。それにも関わらず、今回、また刃物を買い与えていたり、刃物の購入を容認し、親が止めなかった場合などには、親の責任が問われる可能性もあります。

 今回の事件について改めて検証すると、岡庭容疑者の医療少年院での更生プログラム失敗したと言わざるをえないでしょう。しかし、だからと言って、医療少年院の更生プログラムそのものが適正でないということにはなりません。

医療少年院に入所した少年少女の7割は更生する

 医療少年院に入所した少年少女のうち約7割は更生すると言われています。成人の更生保護施設の場合、更生する割合は僅か3割と言われていますから、その2倍以上。とても高い更生率です。この結果は、成人に比べ、少年少女の方が若く柔軟で更生プログラムを受け入れやすいということもありますが、そもそも医療少年院という施設がしっかりと「教育」という観点に立って指導を行っているからこそ達成できた数字だともいえます。

 例えば、成人の場合は、刑務作業などをさせますが、しっかりと1人1人を見ることまではしません。しかし、少年については1人に対して、複数の専門家がつき、社会復帰のための指導に当たります。

きちんと立つ、まともに歩く、当たり前の行動ができない少年少女

 医療少年院での更生プログラムはまず何より「本人の自覚」を持たせることを目的としています。入所後、最初は誰とも会話をしない完全に1人となる時間を数日間作り、自分と向き合わせます。自分のしたことや自分の立場、周囲との関係などを誰からも何も言われずに自分で考える時間です。

 その後は社会人として当たり前に行われていることができるような指導をします。驚いてしまうかもしれませんが、入所してくる少年少女らの中にはきちんと立つ、人と合わせてまともに歩くということすらできない子達が大勢います。ちゃんと立っていなければいけない時に座り込んでしまったり、周囲と合わせてまっすぐ歩くことができずフラフラしてしまう子達もいます。

 そういった少年少女に対しても、根気強く教育を徹底し、次は毎日同じ時間に起きて、同じ時間に食事をし、決められた時間に作業や勉強を行う。そういった当たり前を日常化する指導を続けていきます。そして、ある程度基本的な生活習慣が身に着いたところで、段々と本人たちの心の中に踏み込んでいく指導を行っていくのです。

元の悪い環境に戻った結果、心理状態も元に戻ることがある

 具体的にはまず、少年少女たちに知能検査を行ったり、絵を描かせてその子が抱える問題を心理学的に追求します。また、ある程度までプログラムが進んだと判断されると、自身が起こしてしまった事件の被害者の話を聞かせます。被害者はその後どうなったのか、家族はどんな立場にあるのかといった話ですね。また加害者である自分と、被害者の立場を変えて話をしたり、自分の親の立場になって、自分に手紙を書くなどのプログラムもあります。こうして相手の立場に立って、物事を理解させることで、自分が犯してしまった「罪」の重さを「自覚」するよう促します。自分の罪の重さを自覚することができれば、もう同じ過ちを繰り返すことはない。いわば、これらのプログラムは病院と一緒。入院し、悪いところを見つけて、治療する。医療少年院には、社会的な病院としての役割があるのです。

 ほとんどの少年少女はこの“病院”に入院することで、相当程度矯正はできていると思います。ただし、問題は出所後にあります。更生施設を出るときには良い心理状態であっても、結局、社会に馴染めず、元いた悪い環境に戻ってしまった結果、心理状態も元に戻ってしまうということが多く見られるからです。これを“巻き戻し”といいます。

親は“巻き戻し”が起きないように十分に気を配る必要があった

 自覚のある少年少女ならば、「あ、自分は今巻き戻しの状態になりつつあるな」と初期段階で気づき、例えば、両親の元を離れ、支援者の指導を受けながら独り暮らしを始めるなど、自ら環境を変えていく子達もいます。しかし、今回の岡庭容疑者は、医療少年院出所後に、一時はグループホームで暮らしたものの、1年も経たないうちに両親の元に戻り、再び犯罪に手を染めてしまった。まさに、“巻き戻し”が起きてしまった可能性があります。

 岡庭容疑者の場合、本人としては居心地が良く、前と同じことをやりやすい環境があると考え、親の元に帰ったのかもしれません。しかし、親としても“巻き戻し”が起きないように十分に気を配る必要があったと言わざるを得ません。今回のケースでは、実家に戻れば再び好きなことができるかもしれないと考えた――岡庭容疑者が親を見透かしていたということも十分に考えられます。

 岡庭容疑者については憶測による部分もあり、一概に言えることではありませんが、いずれにせよ、間違いなく言えるのは、問題は少年院にあるのではなく、出所後にあるということです。どうやって“巻き戻し”を防いでいくか。法制度の改正も含めて、我々社会全体で早急に取り組んでいくべき課題です。

(大澤 孝征/Webオリジナル(特集班))

大澤孝征氏