今回紹介するのは、しろっくさんが投稿した『【 500円 / 1000円 】全自動両替機つくってみた【 両対応 】』という動画です。

投稿者メッセージ動画説明文より)

構想:約2年
制作期間:2か月
材料費:5000円くらい


 しろっくさんが自作した両替機が「すごい」「よくできている」と絶賛されています。千円札と五百円玉を百円玉に両替します。

 千円札が入ったとセンサーが検知すると、タイヤが回りお札を引き込みます。

 センサーは2つ搭載されていて、ちゃんとお札が入ったかも監視しています。途中で引き抜いた場合、小銭は出てきません。

 百円玉ジグザグしたケースに入っており、最大25枚収納できます。1段に5枚入っていて、5枚もしくは10枚の払い出しが可能になっています。

 残額センサーが搭載されています。百円玉が足りず両替が不可能な場合は千円札を受け付けなくなります。

 五百円玉の両替も可能です。コインを入れるとスロープを滑り降りるようになっていて終端部にセンサーが設置されています。

 スロープの途中に穴が空いていて、十円玉や百円玉はそのまま排出口に落ちるようになっています。

 両替処理をしている間はコイン投入口がふさがり、連続で投入されないようになっています。

 手作りながらしっかりとした作り込みがされています。もちろん市販品ほどの防犯性能はありませんが、イベントの展示品としては十分です。「コミケにほしい」といった声も寄せられていました。

視聴者コメント

すごい
よくできてるなあ
マジですげぇ
考えたな~
基本的な機能が全部ついてるのが凄い

文/高橋ホイコ

▼動画はこちらから視聴できます

【 500円 / 1000円 】全自動両替機つくってみた【 両対応 】

―あわせて読みたい―

「いくら貯まったかな?」手作りの巨大貯金箱に入っていた大量の小銭たちを数えてみた

『100万円貯まる貯金箱』が満杯になるまでに500円玉を貯め続けてみた 9年1ヶ月かけて貯金した金額は果たしていくらなのか?