カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

人馴れしたチンパンジーを野生に戻すため、無人島で6年かけて野生化に成功させた女性の物語cover_e


 1970年80年代にかけて、アフリカガンビアにある無人島で、チンパンジーと6年以上暮らした女性がいる。

 その女性は、人馴れしすぎてしまったチンパンジーを野生にするため、森で共に生活し、少しずつ野生での暮らし方を覚えさせていったのだ。

 6年もの月日がかかってしまったが、ようやく仲間のチンパンジーたちのもとへ戻すことに成功したという。

 これは、チンパンジールーシーと深い絆を築き、長きにわたりルーシーに人生を捧げた女性、ジャニスカーターさんの物語である。

【人間の家庭に養子にされたチンパンジー、ルーシー】


Woman lives in jungle for 6 years to teach chimp raised as human how to be wild

 ジャニスカーターさんが、後に自身の人生を大きく変えるチンパンジールーシーに初めて出会ったのは1976年、25歳の時だった。

 ルーシーは2歳だった1964年に、当時西アフリカガンビアに住んでいたアメリカの心理療法士モーリス・テマーリン博士と妻のジェーンによって、実験に使用する目的で養子縁組された。

 人間の娘として育てられたルーシーは、120サインを使って手話を覚え、人間のベッドで眠り、客にお茶を出すことも学んだ。

 しかし成熟期になると、人に噛みついたり攻撃的な態度を取ったりと制御不能になり、実験を続けるには危険すぎると判断したテマーリン博士は、ルーシーを手放し野生へ戻すことに決めた。

1_e

自然保護区へ移送するも適応できず

 ジャニスさんが、テマーリン博士にルーシーの世話を頼まれたのはそんな時だ。大学の霊長類研究グループに属していた大学院生ジャニスさんは、檻に入れられたルーシーと手話で会話し、交流を図った。

 1977年、テマーリン夫妻は自国アメリカへと帰国したが、ジャニスさんはそのまま現地に留まり、ルーシーを支え、見守ることにした。

 この決断は、ジャニスさんにとって容易ではなかった。交際していた男性やキャリアを諦める結果となったからだ。

 ルーシーを置いて帰れば、人間慣れしたルーシーは野生に戻る術も持たず、生きていくことはできない…

 ジャニスさんはルーシーを支えるため、最初はアブコ自然保護区へとルーシーを移したが、ルーシーは新たな環境に適応することができなかった。

4_e

ルーシーと共に無人島に移住したジャニスさん

 1979年5月にジャニスさんはルーシーガンビアにある無人の離島に移り住んだ。ヒョウやカバなどから身を守るため、ジャニスさんとルーシーは、島で暮らしている他8匹のチンパンジーたちと一緒に馬小屋で眠った。

 島には電気も水道もなく、新聞は半年に1回届けられるのみだった。人間社会からほとんど断絶することを余儀なくされたジャニスさんは、激しい孤独に陥った。それでも、ルーシーを森へ帰してやりたいという一心で、6年以上島で暮らした。

 ルーシーは、最初ジャニスさんがする行為を舐めたりしながら試行錯誤を繰り返し、食べ物を自力で得るスキルを身に着けていった。

2_e


 また、他のチンパンジーたちとの交流も、ジャニスさんはルーシーに教えた。そんな中で、ジャニスさんはチンパンジーの性格や文化的傾向が人間のそれと非常によく似ていることを知ったという。

1_e0


 やがて、新たな環境に慣れ始めたルーシーは、ダッシュというチンパンジーと絆を育むようになり、ジャニスさんは「別れの時」を悟った。
別れを余儀なくされた時、自分がどれほどルーシーを愛していたか気付かされました。

私とルーシーは、互いに助け合いながら一緒に暮らしました。別れ際のハグは、これまでのとは違い、とても強烈に感じました。ルーシーは私が島で孤独を感じていた時も、すぐに察していたほど敏感でした。

ルーシーとは、良き親友のような関係を築いてきました。私のことを思ってくれているのは十分感じることができましたが、この時ルーシーは私をもう必要としないことを知っていたと思います。ハグの後、振り返って私を見つめ、そして仲間のいる森へと去って行きました。


5_e

ジャニスさんは今どうしているのか

 ルーシーと別れてから1年後、ジャニスさんは再び島に戻りルーシーと再会し、その後ガンビアに留まった。

 ルーシー1987年、25歳でこの世を去った。

 現在70歳になるジャニスさんは、ガンビアの首都バンジュールに住みながらチンパンジーの保護プロジェクトに携わり、ほとんどの時間をチンパンジーリハビリセンターを兼ねた保護区で過ごしているという。

 保護区がある島内には、ルーシーの子孫を含む140匹の野生のチンパンジーが生息しているそうだ。

 人生の大半を、ルーシーや他のチンパンジーの世話に捧げたジャニスさん。そんな彼女とルーシードキュメンタリー映画が今年製作された。

 そのインタビューで、ジャニスさんはこのように語っている。

あの時、チンパンジーと人間ではなく、ジャニスルーシーという生き物がいました。私たちだけが、そこに存在していました。

Lucy The Human Chimp | Official Trailer | HBO Max

written by Scarlet / edited by parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

動物・鳥類の記事をもっと見る

【続報】アメリカで行方不明となっていたトラ、1週間後にようやく発見される - カラパイア

これはかわいい場外乱闘。ライオンハートを持つ子猫たちのレスリング - カラパイア

猫の窃盗常習犯「ご主人へのプレゼントにゃ!」とお隣から物品を運び続ける - カラパイア

飼っているうちに似てきたのか?最初から似てたのか?猫と飼い主の比較写真 - カラパイア

人馴れしたチンパンジーを野生に戻すため、無人島の森に6年住み続け、仲間の元に帰した女性の物語(アフリカ)