YouTubeチャンネルゲームさんぽ /ライブドアニュース」と「なむ」にて好評配信中の教養ゲーム実況番組ゲームさんぽの書籍化クラウドファンディングCAMPFIREにて始まった。

 書籍名はゲームさんぽ 遊びと勉強のあいだ』となり、白夜書房より出版予定。240ページのA5判、税別1800円が予定されている。発刊時期は不明。クラウドファンディング6月28日(月)まで実施される。

(画像は【ゲームさんぽ書籍化】ゲーム×教養の可能性をもっと伝えたい! – CAMPFIRE (キャンプファイヤー)より)

 『ゲームさんぽ』は、各分野の専門家をゲストに迎えて、ゲーム世界を観察しつつ、圧倒的な知識でゲームの知られざる奥行きを発見していく教養ゲーム実況番組だ。

 気象予報士石原良純さんがゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドを観察したり、精神科医の名越康文さんがDetroit: Become Humanを見ていく動画などで一躍話題ととなった。天文学者から現役スナイパーまで、さまざまな分野のプロを迎えた動画は累計150本以上が公開中となっている。

 書籍となる『ゲームさんぽ 遊びと勉強のあいだ』では、具体的な中身は未決定なところが多いとしながらも、専門家とゲームさんぽ制作チームテーマに沿って対話、これまでの動画内容も踏まえつつゆるやかに議論を深めていく。

(画像は【ゲームさんぽ書籍化】ゲーム×教養の可能性をもっと伝えたい! – CAMPFIRE (キャンプファイヤー)より)
(画像は【ゲームさんぽ書籍化】ゲーム×教養の可能性をもっと伝えたい! – CAMPFIRE (キャンプファイヤー)より)

 書籍では、気象予報士石原良純氏、精神科医の名越康文氏、弁護士の水野祐氏、プラネタリウム解説員の永田美絵氏、歩荷の秋本真宏氏、景観デザインの八馬智氏、建築史家の倉方俊輔氏、古代ギリシャ研究家の藤村シシン氏、情報学研究者のドミニクチェン氏などの豪華メンバーが書籍の対談として登場する予定だ。

 クラウドファンディングAll-in方式で実施されるため、目標金額に満たない場合でも書籍化は実行されるが、集まった資金を使ってデザインや印刷、紙などにこだわりたいとのこと。200万円を目標のところ、600万円の金額が集まっている。気になった人は支援をしてみてはいかがだろうか。

「ゲームさんぽ書籍化」クラウドファンディングはこちら
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter@fukuyaman