ねとらぼ読者から「マジで方言じゃないと思ってた言葉」を聞く投稿企画。今回は、鹿児島の方言として「さんごじゅうご(3×5=15)」を伺いました。

【どんな意味?】高知県の方言「極道」

鹿児島県の方言「さんごじゅうご」

・例文:お前は頼み事をしてもサッと動かないよね、さんごじゅうごしないと動かないよね

 待ち合わせで友人があと10分で駅に着くと連絡をくれたとき、「分かりました、では、さんごじゅうごしてから家を出るね」と伝えたところ「なぜ掛け算が? 何?」と言われて、初めて方言だったことを知りました。

●どんな意味?

・意味:ちょっとしてから(遅い、のんびりのニュアンス

(投稿者:匿名希望)

※編集部による補足:なぜ「3×5」が「ちょっとしてから」のような意味になるのか気になるところ。編集部で調査してみたところ、ネット上では「五穀豊穣祈願のお供えものとして、3種類のものを5個ずつ奉納する風習に由来する」、あるいは全く異なる「産後15日に由来する」といった説が見受けられましたが、これらの情報源についてハッキリしたことは分かりませんでした。

どうしてそういう意味になるのか不思議な方言