NVIDIAは、2020年に公開したレイトレーシング技術のデモンストレーションMarbles RTX」を、実際にプレイできるアプリケーションとして現地時間5月7日(金)から配布している

 なお、ゲームプレイするにはNVIDIA Omniverseのオープンベータテストに参加し、専用のアプリケーションダウンロードする必要がある。

 これを報じたPC Watchツイートは、記事執筆時点で3000RTを突破。ビデオメモリ11GB以上が必要で、ほぼGeForce 3090必須のビー玉転がし」という、並々ならぬ必要スペックが驚きを持って受け入れられている。一方、ビデオメモリさえ11GBあればGeForce 3060でも動作可能という証言もあり、快適さはさておき、実際に動かすならもう少しスペックを落としても動作するようだ。

 ちなみに、価格.comでのGeForce 3090販売価格は軒並み30万円を超えている。GeForce 3090の日本での価格は22万9800円からと発表されたが、世界的なチップや部品不足のあおりなどを受けて値上がりが続いている。

 「Marbles RTX」の公式的な必要スペックは以下の通り。この通りであれば筆者のPCでもなんとか動くはずなのだが、やはり起動しなかった。

(画像はNVIDIA Omniverseより)

 「Marbles RTX」はGTC 2020のバーチャルキーノートにおいて、Omniverseプラットフォームの力を示すためにNVIDIAのCEO兼創業者であるジェン・スン・ファン氏が紹介したものである。Omniverseのアーティストエンジニアの分散チームによって開発された。リモートワーク状況下でもこうした作品が作れるというのも、アピールポイントのひとつだろう。

 その際に公開された「Marbles RTX」は1440p(2560*1440)解像度GeForce RTX 3090上にて動作していた。数百ものダイナミックレイトレースされた光と、1億以上のポリゴンが使われており、どれほどの要求スペックが必要となるのか想像もつかないほどの重量感のありそうなデモンストレーションだった。

(画像はYouTubeより)
(画像はYouTubeより)

 あくまでゲームというよりはリアルタイムデモンストレーション用のアプリケーションなので、超ハイスペックPCをお持ちの方は試してみてはいかがだろうか。

NVIDIA Omniverse公式サイトはこちら
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。