これまで「ナンジャ怨霊フェス」など、数多くのホラーコンテンツを生み出してきた株式会社怖がらせ隊が、2021年夏、日本初となる“デリバリーお化け屋敷”「救急車お化け屋敷【絶叫救急車】」を東京23区を中心に開始する。サービス開始は7月1日から、予約受付は5月18日から。

ネットで予約をすると、決められた日時に、あなたの家に救急車お化け屋敷【絶叫救急車】がやってくる――。

このサービスでは、停車した救急車に乗車し、車内で巻き起こるさまざまな恐怖を楽しむことができる。最新の立体音響収録マイク「KU100」で収録したまるでそこに誰かがいるかのように聞こえる3D立体音響・水飛沫・振動シートなど、最新テクノロジーを駆使。貸切の空間、極小の恐怖空間で、最恐の体験ができるという画期的なサービスだ。

価格は1グループ9000円(税込み)で、定員は最大6名。個人のグループだけでなく、遊園地テーマパーク、商業施設など企業の施設へのデリバリーも可能だという。