前腕が先天的に欠損し、妊娠中に医師から「中絶を勧めます」と言われたお腹の子が2歳になった。母親は妊娠中の心の葛藤や娘への想いをブログInstagramに綴っており、子育ての経験を通して前向きな発信を続け人気を呼んでいる。そんな一家に最近、1匹の子犬がやってきたという。『FaithPot』などが伝えている。

カナダバンクーバー近郊に住んでいるヴァネッサマクラウドさん(Vanessa McLeod)は、妊娠19週の時に受けた超音波検査の翌日、お腹にいた第2子アイヴィちゃん(Ivy)に異常があることを告げられた。

助産師に「大切な話がある」と呼び出されたヴァネッサさんは「赤ちゃんの命に関わるような大変な病気なのではないか」と心配でたまらず、電話を受けた直後からずっと泣き続けたという。

ヴァネッサさんは「もしかしたら心臓の疾患かもしれないし、口蓋裂などの奇形かもしれない…と様々なことが頭をめぐり、胸がいっぱいでした。でも助産師は『この子には両方の前腕と両手がありません』と言うのです。四肢があるのは当然のことだと思っていた私は、まるで不意打ちのパンチを食らったようで呆然とし、その場で泣き崩れました。どうしたらいいのかわからなかったのです」と当時を振り返り、こう続けた。

「でも一緒に助産師の話を聞いていた私の父がこう言ったのです。『この子は私たち家族にとってなくてはならない存在になるよ。きっと様々なことを私たちに教えてくれるに違いない。必要な存在なんだ。この子は神様からの恵みだよ』とね。

「ただその時の私は父の言葉の意味を理解できるはずもなく、その日は拒絶、怒り、悲しみ、罪悪感、絶望感…様々な感情に苛まれ、それをどう処理していいのかわからずに泣き続けました。夜は眠ることができず、腕がない子供たちのことや義手についてネットで調べ続けました。そうしているうちに少しだけ、『この子には希望があるのではないか』と感じることができたのです。」

「その翌日のことでした。私と夫はバンクーバー小児病院を訪れ、そこで衝撃的な言葉を突きつけられました。検査の後に私が期待していたのは『腕がなくても大丈夫この子にたくさんの愛情を注いであげてください』―そんな言葉だったのに、医師はこう言ったのです。『この子は質のある豊かな人生を送ることができないでしょう。中絶を勧めます。少しだけ時間をあげますから、夫婦で話し合って下さい。』」

「そうして2人きりになった時、夫は私にこう言いました。『僕はどんなことがあってもこの子を守る。この子を育てたい』とね。私だって、お腹の中の娘が愛おしかった。そして医師には『妊娠を継続したい』と伝えました。ただ病院を出る時、私は再び号泣し夫にこう聞いたのです。『なぜ、私たちにこんなことが起きたの? なぜ』とね。自分の中で気持ちの整理ができなかったのです。」

「それでも出産が近づいてくると、私の気持ちに大きな変化がありました。私は『アイヴィを身ごもったのには理由があるのではないか。アイヴィは何百万といる母親の中で、わざわざ私を選んでくれた。アイヴィは私を必要としているんだ』と思うようになったのです。そしてそれが次第に『アイヴィが私を必要としているのではなく、私がアイヴィを必要としているんだ』と気付いたのです。」

こうしてアイヴィちゃんは2019年2月28日、出産予定日より約3.5週間早く誕生し、腕がある子と同じように寝返りをし、お座りをし、立って歩けるようになり、もうすぐ2歳3か月を迎える。お絵描きをする時は足を使うが、ヴァネッサさんは「アイヴィにとって前腕がないことは普通のこと。それが大変だとか、人とは違うという認識はしていないようですよ」と笑う。

そんなヴァネッサさんは一家のInstagramを頻繁に更新しており、先月22日には「世界のみなさん、“ラッキー”に会ってちょうだい」と言葉を添え、子犬と遊ぶアイヴィちゃんの姿を投稿しこう説明した。

「『アイヴィと同じように腕(足)がない子犬を探しています』と4月6日SNSに投稿したところ、同日に私たちの住む町で、前足がない子犬が誕生したのです。これは運命としか思えません。まだ小さいので我が家にやってくるのには時間がかかりますが、その日が来るのが待ちきれないわ。 ウエルカム。ラッキー!」

実はヴァネッサさんが、アイヴィちゃんと同じ病気を持つ犬を探すことにしたのには、次のようなわけがあった。

「アイヴィはまだ2歳ですが、いつか『なぜ自分は前腕がないの?』と聞いてくる日がきっと来るでしょう。そんな時、『人と違っているということは美しいことよ。あなたと同じように生まれたラッキーを見てごらんなさい』とアイヴィに伝えることができると思うのです。ラッキーはこれまで何度か我が家にやってきて子供たちと遊んでいますが、アイヴィはとても喜んでいるんですよ。」

「私たちの中には青い目の人もいれば、緑の目の人もいます。ブロンドの髪の人もいれば、茶色の髪の人もいます。腕がある人もいれば、ない人もいてそれぞれに外見は違います。でも人が生きていることには意味があり、価値があると思うのです。だからアイヴィには『普通と違ってもいいんだよ』ということを、日々の生活の中で教えていけたらと思っています。」

「そして私に中絶を勧めた医師にはこう言いたいのです。『アイヴィはとても豊かな人生を送っていますよ』とね。

画像は『Vanessa McLeod 2021年5月8日Instagram「We got a little visit with Lucky today」、2021年4月26日InstagramLucky pupdate」、2021年4月22日Instagram「Hi world, meet Lucky」、2019年10月6日Instagram「No words」、2019年3月26日Instagram「My family」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト