今回紹介するのは、こんどる。さんが投稿した『ご時世的にアレなので呼び鈴を非接触で鳴らせるようにしてみた。』という動画です。

投稿者メッセージ動画説明文より)

みんな大好きチンベルを、手をかざして鳴らせるようにしてみました。
意外と楽しいです。家にあったものをかき集めて作りました。


 こんどる。さんが、呼び鈴を改造しました。手をかざすだけで“チン”と鳴ります。完成した作品で、自動演奏もしてみました。

 まず、土台を設計し、3Dプリンタで印刷します。

 ソレノイドを設置します。Arduinoを使って、センサが反応したらソレノイドが呼び鈴を鳴らすようにプログラミングします。

 完成しました。センサーとの距離が5センチ以内になるように手をかざすとベルが鳴ります。

 Arduinoで制御しているため自動演奏もできます。動画では、ステッピングモーターと呼び鈴を使って合奏をしています。曲は、ルロイ・アンダーソンの『タイプライター』。キーをカタカタとタイプし、行の右端近くまで入力すると「チーン」とベルを鳴らすという、この作品のためにあるような曲です。

視聴者コメント

おもしろい
非接触式タイプライターが待たれる
これ作曲者も喜びそうw

文/高橋ホイコ

▼動画はこちらから視聴できます

ご時世的にアレなので呼び鈴を非接触で鳴らせるようにしてみた。

―あわせて読みたい―

ハードディスク、モーターなど電子機器で合奏してみた! カタカタ動く機械たちの名演に「技術力やば」「耳が幸せになる」「ワクワク感がすごい」の声

車掌さんが操作する発車ベルボタンを自作で再現! 外見も押し心地も本物と完全一致、鉄道マニアの心を揺さぶるボタンが完成