LiSAの『紅蓮華』が、19日に発表された『2021年JASRAC賞』の金賞を受賞した。

 音楽配信、カラオケ、CMなど、前年度にJASRACからの著作物使用料の分配額が多かった作品の作詞者・作曲者・音楽出版社の功績と栄誉を称え表彰する同賞。創設から39回目を迎えた2020年度は、対象楽曲数277万8,889曲の中から草野華余子氏が作曲、LiSAが作詞・歌唱した『紅蓮華』が初の金賞に輝いた。

 ​>>全ての画像を見る<<​​​

 同曲は、テレビアニメ鬼滅の刃』(2019年4月~9月放送)の主題歌として書き下ろされ、2019年7月のリリース以降、2020年10月にはストリーミングの再生回数が2億回突破を記録するなど音楽配信サービスで高い人気を博した。さらに、カラオケでも幅広い世代から支持され、インタラクティブ配信の分配額が2位、カラオケの分配額で1位を記録した。

 受賞に対しLiSAは、「長く愛していただき、とても光栄です。原作からテレビアニメまで、関わりある多くの方々の熱い愛情を受け取り、自身の心の中にある"強さ"と向き合いながら、言葉を探した楽曲でした。どんな日々も越え、水面に美しく咲く蓮の花のように、彼らと私たちの物語が、強く咲き誇り続けますように」とコメント。作曲を担当した草野氏は、「応援してくださっているファンの皆さん、そして苦楽を共にしてきたLiSAさんのおかげだと、心から感謝しています。これからも『一音入魂』で、魂を込めた楽曲制作を続けていきたいと思います」と喜びのコメントを寄せている。

 銀賞は、2019年5月公開の映画『コンフィデンスマンJP ロマンス編』の主題歌に起用され話題となったOfficial髭男dismの『Pretender』。さらに、2018年リリースから継続的に幅広い分野で利用され、多くの支持を集めている米津玄師の『Lemon』が、2020年JASRAC賞・金賞に続く銅賞を受賞した。

 また、高梨康治氏が作曲を担当したテレビアニメNARUTO-ナルト-疾風伝』のBGMが、海外の著作権管理団体からの入金が最も多かった国内作品に贈られる国際賞を受賞。同作は、海外からの分配の約6割を占めるアメリカのほか、ドイツフランスブラジルなど世界中で幅広く放映され、その人気の高さを見せつけた。

LiSA⒞ 2021年JASRAC賞